Tomoyo After:SEEN0814

From Baka-Tsuki
Jump to navigation Jump to search

Text[edit]

// Resources for SEEN0814.TXT

// #character '智代'
#character 'Tomoyo'

// #character '朋也'
#character 'Tomoya'

// #character '河南子'
#character 'Kanako'




// <0000> 8月14日(土)
<0000> August 14th (Sat)

// <0001> 今日も朝から作業に取り掛かった。
<0001> Today I've also started my work at morning.

// <0002> 仕事で鍛えているとはいえ、ゴミの山との戦いは筋肉痛としてやってきた。
<0002> Although having trained for this profession, dealing with the pile of trash still gives me muscular pain.

// <0003> 奥歯で痛みを噛み砕き、俺は作業に没頭した。
<0003> I crunch my teeths in pain, immersing myself into my work.

// <0004> \{智代}「朋也…」
<0004> \{Tomoyo}「Tomoya...」

// <0005> \{智代}「ずっと、こんなところで何をしてるんだ?」
<0005> \{Tomoyo}「What have you been doing here for so long?」

// <0006> \{朋也}「ん?」
<0006> \{Tomoya}「Huh?」

// <0007> 体を起こして、タオルで顔を拭う。
<0007> Standing up, I wipe the sweat in my face.

// <0008> \{智代}「世間はお盆休み、子供たちは夏休みだというのに…」
<0008> \{Tomoyo}「Everyone got a day off because of the Lantern Festival and even the children are on summer vacation...」

// <0009> \{智代}「おまえひとり…何をしてるんだ?」
<0009> \{Tomoyo}「What are you doing here by yourself?」

// <0010> ずっと見ていたのだろうか、背後に智代が立っていた。
<0010> She must have been standing behind me watching the whole time.

// <0011> \{智代}「せっかくの休みなんだ…」
<0011> \{Tomoyo}「Since it's finally vacations... 」

// <0012> \{智代}「私は朋也と遊びたいと…考えてる」
<0012> \{Tomoyo}「I've been thinking about having some fun with you.」

// <0013> \{智代}「ともも連れて、海とか…どうだろう」
<0013> \{Tomoyo}「We can bring Tomo and go to the sea, what do you think?」

// <0014> \{智代}「思い出になる夏休みにしたい…」
<0014> \{Tomoyo}「I want it to become a memorable summer for us.」

// <0015> \{朋也}「その、とものためだよ」
<0015> \{Tomoya}「I mean, for Tomo's sake.」

// <0016> \{智代}「朋也も知ってるだろ…」
<0016> \{Tomoyo}「You understand, right...?」

// <0017> 智代が距離を詰める。すぐ目の前まで。
<0017> Tomoyo came closer to me. Her eyes were right before mine.

// <0018> \{智代}「私は…ともと約束したんだ」
<0018> \{Tomoyo}「You promise... me and Tomo?」

// <0019> \{智代}「ともが母親と別れた日…」
<0019> \{Tomoyo}「Tomo will part from her mother...」

// <0020> \{智代}「これからは楽しいことだけが待ってるって…」
<0020> \{Tomoyo}「After this she will look forward for something fun to do...」

// <0021> \{智代}「私と過ごす毎日が待ってるから…」
<0021> \{Tomoyo}「I will spend my time looking forward to it every day as well...」

// <0022> \{智代}「絶対それは楽しいからって…」
<0022> \{Tomoyo}「It will be extremely fun, absolutely...」

// <0023> \{智代}「なあ…その約束は守らないとダメだろ…?」
<0023> \{Tomoyo}「So... It's no good if you break this promise, right?」

// <0024> \{智代}「そんなの破ったら、可哀想だ…」
<0024> \{Tomoyo}「If you break it, poor her...」

// <0025> \{智代}「ともが泣いてしまう…」
<0025> \{Tomoyo}「Tomo will cry...」

// <0026> \{智代}「ともの泣き顔は見たくないんだ…」
<0026> \{Tomoyo}「I don't want to see Tomo crying...」

// <0027> \{朋也}「ともは、泣かない」
<0027> \{Tomoya}「Tomo won't cry.」


// <0028> 俺はそう断言した。
<0028> So I declare.

// <0029> \{朋也}「ともは、母親と暮らしたいんだ。今でも」
<0029> \{Tomoya}「Tomo has been living with her mother, Even now.」

// <0030> \{朋也}「俺たちは、代わりをしていただけだ」
<0030> \{Tomoya}「We'll just be her substitutes, then.」

// <0031> \{朋也}「迷わず、母親を選ぶ」
<0031> \{Tomoya}「Don't be perplexed, we have to choose a mother.」

// <0032> \{智代}「でも、その後、ともは絶望することになる…」
<0032> \{Tomoyo}「But, after that, Tomo will fall in despair...」

// <0033> \{朋也}「そうかもしれない」
<0033> \{Tomoya}「You could say that.」

// <0034> \{朋也}「でも、ともはいつか乗り越えていけると思う」
<0034> \{Tomoya}「But, someday Tomo will overcome that fear.」

// <0035> \{智代}「どうして、そんな辛い目に遭わせるんだ…」
<0035> \{Tomoyo}「Why must she go through such harsh things...」

// <0036> \{智代}「朋也は…」
<0036> \{Tomoyo}「Wasn't it...」

// <0037> \{智代}「ずっと、楽しくなかったのか…?」
<0037> \{Tomoyo}「always fun to you, Tomoya?」

// <0038> \{智代}「幸せじゃなかったのか…?」
<0038> \{Tomoyo}「You weren't happy...?」

// <0039> \{朋也}「卑怯だな」
<0039> \{Tomoya}「That's unfair.」

// <0040> \{智代}「何がだ? 私はそんなこと訊いていないぞ…」
<0040> \{Tomoyo}「What is unfair? I didn't hear such things...」

// <0041> \{智代}「みんなで過ごしたきた時間は、楽しくなかったか?」
<0041> \{Tomoyo}「Spending some time with everyone, won't it be fun?」

// <0042> \{朋也}「楽しかったよ、幸せだった」
<0042> \{Tomoya}「It's gonna be fun, and it'll make me happy.」

// <0043> \{智代}「よかった。私もだ」
<0043> \{Tomoyo}「I'm relieved, me too.」

// <0044> \{朋也}「でも、ともはつらかったはずだ」
<0044> \{Tomoya}「でも、ともはつらかったはずだ」

// <0045> ここでも俺は智代を突き放した。
<0045> I'll refuse Tomoyo's wish here and now.

// <0046> \{朋也}「笑っていても、楽しそうでも、いつも、母親のことを考えていたはずだ」
<0046> \{Tomoya}「Please smile, it's going to be fun like always, I'm considering the mother issue.」

// <0047> \{智代}「じゃあ、私のがんばりが足らなかったんだな…」
<0047> \{Tomoyo}「Well, my tenacity hasn't 
// <0048> \{智代}「うん…」
<0048> \{Tomoyo}「Yeah...」

// <0049> \{智代}「もっとがんばろう…」
<0049> \{Tomoyo}「I'll have to insist more!」

// <0050> \{朋也}「智代…いい加減にしろよ」
<0050> \{Tomoya}「Tomoyo... cut it out.」

// <0051> \{智代}「………」
<0051> \{Tomoyo}「………」

// <0052> \{朋也}「俺は怒ってるんだぞ」
<0052> \{Tomoya}「Or I'll get angry.」

// <0053> \{智代}「そうなのか…?」
<0053> \{Tomoyo}「Is that so...?」

// <0054> \{智代}「どうして怒ってるんだ…?」
<0054> \{Tomoyo}「Why are you gettng angry...?」

// <0055> \{智代}「あ、そうか…」
<0055> \{Tomoyo}「Ah, I see...」

// <0056> \{智代}「朋也は、あれだな…」
<0056> \{Tomoyo}「朋也は、あれだな…」

// <0057> \{智代}「ともがいて、ずっとできなかったから…」
<0057> \{Tomoyo}「ともがいて、ずっとできなかったから…」

// <0058> \{智代}「そうなんだろ…?」
<0058> \{Tomoyo}「Isn't that right...?」

// <0059> \{智代}「朋也は、相変わらずすけべだな…」
<0059> \{Tomoyo}「朋也は、相変わらずすけべだな…」

// <0060> 智代が俺の手をとる。
<0060> Tomoyo's hands takes mine.

// <0061> それを自分の服の下に差し入れた。
<0061> With those she pulled down my clothes.

// <0062> 汗で湿った肌に触れた。
<0062> The sweat in my wet body came in contact with her.

// <0063> \{智代}「汗の匂いがすると思うが…」
<0063> \{Tomoyo}「The scent of your sweat is making me want it...」

// <0064> \{智代}「朋也がそれでもよければ、今ここでしてもらっても…私は構わない…」
<0064> \{Tomoyo}「But if it is okay for you, I wouldn't mind... doing it right here and now...」

// <0065> \{智代}「これから先も…外でしてもらっても、構わない…」
<0065> \{Tomoyo}「Even after this, in the future... even if you want to do it outside, I won't mind...」

// <0066> \{智代}「朋也がいいのなら…どこでも、構わないから…」
<0066> \{Tomoyo}「If anywhere is fine... to you, I won't mind...」

// <0067> 体を求める
<0067> My body wants it.

// <0068> 拒否する
<0068> I gotta refuse it.

// <0069> こんな状況で求め合っていいものなのか。
<0069> Is it fine to ask for such a thing in a situation like this?

// <0070> いいはずがない。けど…俺は性欲を抑えられないでいた。
<0070> It can't be fine. But... I can't hold my sexual desire back.

// <0071> 彼女の手が股間に触れた。
<0071> Her hands touched the region between my legs.

// <0072> その形に沿って、智代の指が動く。
<0072> Running along it's shape, her fingers move.

// <0073> 智代の唇が薄く開いた。内側がいやらしく光っていた。
<0073> Tomoyo's lips opened lightly. it's inside shone indecently.

// <0074> それはきっと美味しいに違いない。
<0074> That certainly doesn't differ from it being delicious.

// <0075> ゆっくりと近づいてくる。
<0075> I slowly bring mine near hers.

// <0076> \{智代}「ん…」
<0076> \{Tomoyo}「Mm...」

// <0077> 口が重なる。
<0077> Our lips overlap.

// <0078> 俺は智代を吸った。
<0078> I kissed Tomoyo.

// <0079> \{智代}「んん…」
<0079> \{Tomoyo}「Mmm...」

// <0080> 股間で指が蠢く。
<0080> Her fingers wriggle between my legs.

// <0081> 大きくなっていくのがわかる。
<0081> It gets bigger as it understands it.

// <0082> \{智代}「きつそうだ…出そう」
<0082> \{Tomoyo}「It's hard... let's put it out.」

// <0083> キスをしながら、智代は俺のズボンをまさぐる。
<0083> While kissing me, she touches my pants.

// <0084> うまくチャックをはずし、トランクスをかきわける。
<0084> Skillfully unzipping it, she pushes her way through my underwear.

// <0085> それが飛び出した。
<0085> It jumped out.

// <0086> \{智代}「ああ…すごいな」
<0086> \{Tomoyo}「Woah... Amazing.」

// <0087> \{智代}「溜まってるんだな…今日はたくさん出そうな」
<0087> \{Tomoyo}「You've been saving it... Today you will put out a lot.」

// <0088> \{智代}「朋也は息が好きだったな」
<0088> \{Tomoyo}「Your breathing says you like it.」

// <0089> はぁーっと、温かな息が吐きかけられる。
<0089> Taken aback, my warm breath is spitted out.

// <0090> そうしながら、あそこを擦られる。
<0090> Meanwhile, that place was being rubbed by her.

// <0091> \{智代}「ほら、舌を出せ」
<0091> \{Tomoyo}「Come on, pull out your tongue.」

// <0092> 手で顎を引っ張られる。
<0092> My chin is pulled by her hand.

// <0093> 開かれた口、そこから舌を出してみせる。
<0093> Mouth opened, from there I show my pulled out tongue.

// <0094> 智代はそれに自分の舌をれろれろと擦りつけた。
<0094> Then, she pulled out hers and rubbed it against mine.

// <0095> 味覚と臭覚の同時攻撃に、俺はすでに理性を飛ばされている。
<0095> The taste and smell of that simultaneous attack, my reasoning was already being rid by it.

// <0096> \{智代}「すごく大きい…朋也は変態だな…」
<0096> \{Tomoyo}「It's really big... You're such a pervert...」

// <0097> \{智代}「このぐらいきつくしても、痛くないかな」
<0097> \{Tomoyo}「If I do it this tight, I wonder if it'll hurt.」

// <0098> しゅっしゅっ…!
<0098> しゅっしゅっ…!

// <0099> 手の動きが激しくなる。
<0099> Her hand's movement become more intense.

// <0100> れろれろ…
<0100> れろれろ…

// <0101> 舌の動きも忙しくなる。
<0101> She also starts moving her tongue.

// <0102> はぁはぁ…
<0102> Aah... Aah...

// <0103> 智代の、出そうという思いが伝わってくる。
<0103> Her real feelings are introduced through her tongue.

// <0104> \{智代}「それとも…この中に出すか?」
<0104> \{Tomoyo}「それとも…この中に出すか?」

// <0105> うん、出す。
<0105> うん、出す。

// <0106> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。
<0106> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。

// <0107> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。
<0107> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。

// <0108> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。
<0108> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。

// <0109> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。
<0109> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。

// <0110> \{智代}「もう少しいれようか」
<0110> \{Tomoyo}「もう少しいれようか」

// <0111> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。
<0111> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。

// <0112> ん、と智代が声をあげる。
<0112> ん、と智代が声をあげる。

// <0113> \{智代}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」
<0113> \{Tomoyo}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」

// <0114> \{智代}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」
<0114> \{Tomoyo}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」

// <0115> \{智代}「まだ、出ないのかな」
<0115> \{Tomoyo}「まだ、出ないのかな」

// <0116> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。
<0116> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。

// <0117> 恍惚としている俺の顔を顎を持って顎で正面に向けさせると、また息を吐きかけてくる。
<0117> 恍惚としている俺の顔を顎を持って顎で正面に向けさせると、また息を吐きかけてくる。

// <0118> \{智代}「変態さんの好きな息だぞ」
<0118> \{Tomoyo}「変態さんの好きな息だぞ」

// <0119> はぁーっ…
<0119> はぁーっ…

// <0120> \{智代}「朋也はつばが好きだったな」
<0120> \{Tomoyo}「朋也はつばが好きだったな」

// <0121> \{智代}「………」
<0121> \{Tomoyo}「………」

// <0122> あそこを擦りながら、唾液を溜めているのがわかる。
<0122> あそこを擦りながら、唾液を溜めているのがわかる。

// <0123> やがて、手で顎を引っ張らり、口を開かされる。
<0123> やがて、手で顎を引っ張らり、口を開かされる。

// <0124> 智代の唇の隙間から白い泡の球が現れる。
<0124> 智代の唇の隙間から白い泡の球が現れる。

// <0125> それが重力に逆らえないほど大きくなると、だら~っと落ちた。
<0125> それが重力に逆らえないほど大きくなると、だら~っと落ちた。

// <0126> 俺の口内へ向けて。
<0126> 俺の口内へ向けて。

// <0127> 舌でそれを受け止めた。
<0127> 舌でそれを受け止めた。

// <0128> 次々と落ちてきて、際限なかった。
<0128> 次々と落ちてきて、際限なかった。

// <0129> \{智代}「すごく大きい…朋也は変態だな…」
<0129> \{Tomoyo}「すごく大きい…朋也は変態だな…」

// <0130> そう言う口からは、まだ俺との間に透明の糸が繋がっていた。
<0130> そう言う口からは、まだ俺との間に透明の糸が繋がっていた。

// <0131> \{智代}「このぐらいきつくしても、痛くないかな」
<0131> \{Tomoyo}「このぐらいきつくしても、痛くないかな」

// <0132> しゅっしゅっ…!
<0132> しゅっしゅっ…!

// <0133> 手の動きが激しくなる。
<0133> 手の動きが激しくなる。

// <0134> とろとろ…
<0134> とろとろ…

// <0135> まだ唾液は落ちてくる。
<0135> まだ唾液は落ちてくる。

// <0136> 智代の、出そうという思いが伝わってくる。
<0136> 智代の、出そうという思いが伝わってくる。

// <0137> \{智代}「それとも…この中に出すか?」
<0137> \{Tomoyo}「それとも…この中に出すか?」

// <0138> うん、出す。
<0138> うん、出す。

// <0139> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。
<0139> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。

// <0140> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。
<0140> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。

// <0141> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。
<0141> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。

// <0142> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。
<0142> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。

// <0143> \{智代}「もう少しいれようか」
<0143> \{Tomoyo}「もう少しいれようか」

// <0144> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。
<0144> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。

// <0145> ん、と智代が声をあげる。
<0145> ん、と智代が声をあげる。

// <0146> \{智代}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」
<0146> \{Tomoyo}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」

// <0147> \{智代}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」
<0147> \{Tomoyo}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」

// <0148> \{智代}「まだ、出ないのかな」
<0148> \{Tomoyo}「まだ、出ないのかな」

// <0149> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。
<0149> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。

// <0150> 恍惚としている俺の顔を顎を持って正面に向けさせると、キスしてくる。
<0150> 恍惚としている俺の顔を顎を持って正面に向けさせると、キスしてくる。

// <0151> \{智代}「変態さんの好きなつばだぞ」
<0151> \{Tomoyo}「変態さんの好きなつばだぞ」

// <0152> 口移しに唾液を飲まされる。
<0152> 口移しに唾液を飲まされる。

// <0153> 口を口で塞がれる。
<0153> 口を口で塞がれる。

// <0154> 智代の舌から入ってくる。
<0154> 智代の舌から入ってくる。

// <0155> 食べるようにお互いの舌の味をむさぼり合う。
<0155> 食べるようにお互いの舌の味をむさぼり合う。

// <0156> \{智代}「すごく大きい…朋也は変態だな…」
<0156> \{Tomoyo}「すごく大きい…朋也は変態だな…」

// <0157> \{智代}「このぐらいきつくしても、痛くないかな」
<0157> \{Tomoyo}「このぐらいきつくしても、痛くないかな」

// <0158> しゅっしゅっ…!
<0158> しゅっしゅっ…!

// <0159> 手の動きが激しくなる。
<0159> 手の動きが激しくなる。

// <0160> れろれろ…
<0160> れろれろ…

// <0161> 舌の動きも忙しなくなる。
<0161> 舌の動きも忙しなくなる。

// <0162> 智代の、出そうという思いが伝わってくる。
<0162> 智代の、出そうという思いが伝わってくる。

// <0163> \{智代}「それとも…この中に出すか?」
<0163> \{Tomoyo}「それとも…この中に出すか?」

// <0164> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。
<0164> 智代が俺を跨いで、股間を沈めてくる。

// <0165> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。
<0165> 自分の手でパンツを端に寄せ、いきり立ったものの先をその部分に宛う。

// <0166> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。
<0166> そこはすでに濡れていて、熱いぬかるみとなっていた。

// <0167> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。
<0167> その中に出させようと、智代の手が俺のものをしごく。

// <0168> \{智代}「もう少しいれようか」
<0168> \{Tomoyo}「もう少しいれようか」

// <0169> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。
<0169> ずぶっ、と亀頭が膣の中に埋まる。

// <0170> ん、と智代が声をあげる。
<0170> ん、と智代が声をあげる。

// <0171> \{智代}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」
<0171> \{Tomoyo}「しまった…私まで気持ちよくなってしまう…」

// <0172> \{智代}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」
<0172> \{Tomoyo}「ほら、朋也。見てくれ、入ってるぞ」

// <0173> \{智代}「まだ、出ないのかな」
<0173> \{Tomoyo}「まだ、出ないのかな」

// <0174> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。
<0174> 根本から膣に入った部分までをマッサージするように手が往復する。

// <0175> 恍惚としている俺の顔を顎を持って正面に向けさせると、またキスをしてくる。
<0175> 恍惚としている俺の顔を顎を持って正面に向けさせると、またキスをしてくる。

// <0176> しゅごしゅごっ…
<0176> しゅごしゅごっ…

// <0177> そうしながらも、自分の膣の中に出させようと懸命に手を上下させる智代。
<0177> そうしながらも、自分の膣の中に出させようと懸命に手を上下させる智代。

// <0178> \{智代}「気持ちいいだろ? まだ出ないのか?」
<0178> \{Tomoyo}「気持ちいいだろ? まだ出ないのか?」

// <0179> 埋もれた部分がさらに濡れてきているのがわかる。
<0179> 埋もれた部分がさらに濡れてきているのがわかる。

// <0180> \{智代}「それともなんだ…手より、奧まで入れたほうがいいか…」
<0180> \{Tomoyo}「それともなんだ…手より、奧まで入れたほうがいいか…」

// <0181> …こくん。俺は頷く。
<0181> …こくん。俺は頷く。

// <0182> \{智代}「でも、それは…私まで気持ちよくなってしまうから…」
<0182> \{Tomoyo}「でも、それは…私まで気持ちよくなってしまうから…」

// <0183> \{智代}「いろいろとおろそかになるかもしれない…それは許してくれ…」
<0183> \{Tomoyo}「いろいろとおろそかになるかもしれない…それは許してくれ…」

// <0184> ずぷっ…
<0184> ずぷっ…

// <0185> 智代が手を離し、身を沈めた。
<0185> 智代が手を離し、身を沈めた。

// <0186> 智代の中に奧まで突き刺さる。
<0186> 智代の中に奧まで突き刺さる。

// <0187> \{智代}「ああ…今、通ったとこ…すごく気持ちよかった…弱いんだ…」
<0187> \{Tomoyo}「ああ…今、通ったとこ…すごく気持ちよかった…弱いんだ…」

// <0188> そこを往復させるように、智代が腰を上下に揺する。
<0188> そこを往復させるように、智代が腰を上下に揺する。

// <0189> \{智代}「んあっ…すごい…」
<0189> \{Tomoyo}「んあっ…すごい…」

// <0190> 俺のえらで、一番敏感なひだを何度も引っ掻かせる。それで自分を気持ちよくしている。
<0190> 俺のえらで、一番敏感なひだを何度も引っ掻かせる。それで自分を気持ちよくしている。

// <0191> ずちゅっ…ずちゅっ…
<0191> ずちゅっ…ずちゅっ…

// <0192> 俺のもの全体がひだに擦れ、恍惚となるほどの刺激が加わる。
<0192> 俺のもの全体がひだに擦れ、恍惚となるほどの刺激が加わる。

// <0193> あまりの気持ちよさに口が閉まらない。智代のか俺のかわからないよだれが顎から首へと伝い落ちる。
<0193> あまりの気持ちよさに口が閉まらない。智代のか俺のかわからないよだれが顎から首へと伝い落ちる。

// <0194> \{智代}「んっ…んっ…」
<0194> \{Tomoyo}「んっ…んっ…」

// <0195> \{智代}「ああ…まずい、ひとりで気持ちよくなってる…」
<0195> \{Tomoyo}「ああ…まずい、ひとりで気持ちよくなってる…」

// <0196> \{智代}「朋也は一番奥まで入ったほうが気持ちいいんだろ…?」
<0196> \{Tomoyo}「朋也は一番奥まで入ったほうが気持ちいいんだろ…?」

// <0197> \{智代}「こうかな…」
<0197> \{Tomoyo}「こうかな…」

// <0198> ずぷぷっ…
<0198> ずぷぷっ…

// <0199> 一番奥まで入る。
<0199> 一番奥まで入る。

// <0200> すぐ、ひだで自身の体液を拭き取るように、膣を引いていく。
<0200> すぐ、ひだで自身の体液を拭き取るように、膣を引いていく。

// <0201> 抜け出る寸前で止め、またそこからずぷぷっと埋没させていく。
<0201> 抜け出る寸前で止め、またそこからずぷぷっと埋没させていく。

// <0202> その往復を続けた。
<0202> その往復を続けた。

// <0203> ずぷっ…ずぷっ…
<0203> ずぷっ…ずぷっ…

// <0204> ひだを掻き分けて智代の中を貫いていく感覚が堪らない…。
<0204> ひだを掻き分けて智代の中を貫いていく感覚が堪らない…。

// <0205> 俺も、うめき声を上げてしまう。
<0205> 俺も、うめき声を上げてしまう。

// <0206> \{智代}「よかった…ずいぶんと気持ちよさそうだ…」
<0206> \{Tomoyo}「よかった…ずいぶんと気持ちよさそうだ…」

// <0207> \{智代}「どんどん激しくしていくからな…」
<0207> \{Tomoyo}「どんどん激しくしていくからな…」

// <0208> \{智代}「出したい時は言ってくれ…奧まで突っ込むから…」
<0208> \{Tomoyo}「出したい時は言ってくれ…奧まで突っ込むから…」

// <0209> \{智代}「一番深いところでいったほうが気持ちいいだろ?」
<0209> \{Tomoyo}「一番深いところでいったほうが気持ちいいだろ?」

// <0210> ずぷっ…ずぷぷっ…
<0210> ずぷっ…ずぷぷっ…

// <0211> \{朋也}(あ…)
<0211> \{Tomoya}(あ…)

// <0212> 智代の背中の向こう…人影が見えた気がした。
<0212> 智代の背中の向こう…人影が見えた気がした。

// <0213> \{智代}「しかし暑いな…」
<0213> \{Tomoyo}「しかし暑いな…」

// <0214> \{智代}「汗でパンツがびしょぬれだ…いや、汗じゃないかもしれないが…」
<0214> \{Tomoyo}「汗でパンツがびしょぬれだ…いや、汗じゃないかもしれないが…」

// <0215> \{智代}「変態さんは…こういうのが好きなんじゃないのか…」
<0215> \{Tomoyo}「変態さんは…こういうのが好きなんじゃないのか…」

// <0216> 俺の思考は智代の行為によって遮断される。
<0216> 俺の思考は智代の行為によって遮断される。

// <0217> 口元がぬめる何かで覆われていた。
<0217> 口元がぬめる何かで覆われていた。

// <0218> それは智代自身のパンツだった。
<0218> それは智代自身のパンツだった。

// <0219> 人差し指と親指で広げて、一番恥ずかしい部分を俺の口と鼻に当てていた。
<0219> 人差し指と親指で広げて、一番恥ずかしい部分を俺の口と鼻に当てていた。

// <0220> その部分はまだ温かく、湿っていた。
<0220> その部分はまだ温かく、湿っていた。

// <0221> \{智代}「脱ぎたてだぞ…」
<0221> \{Tomoyo}「脱ぎたてだぞ…」

// <0222> 匂いをかいで、舐めた。
<0222> 匂いをかいで、舐めた。

// <0223> 温かくて、酸っぱい、濃い匂いと味がした。
<0223> 温かくて、酸っぱい、濃い匂いと味がした。

// <0224> ずぷっ…ずぷぷっ…
<0224> ずぷっ…ずぷぷっ…

// <0225> 俺の顔に下着を押しつけたまま、智代は腰の動きを加速させていく。
<0225> 俺の顔に下着を押しつけたまま、智代は腰の動きを加速させていく。

// <0226> 俺も堪えきれず、自分の腰を上下させる。
<0226> 俺も堪えきれず、自分の腰を上下させる。

// <0227> ずぷっ! ずぷっ!
<0227> ずぷっ! ずぷっ!

// <0228> ものすごい勢いで、出入りを繰り返す。
<0228> ものすごい勢いで、出入りを繰り返す。

// <0229> \{智代}「おいしいか? どれ…」
<0229> \{Tomoyo}「おいしいか? どれ…」

// <0230> 反対側から智代も同じように舐め始めた。
<0230> 反対側から智代も同じように舐め始めた。

// <0231> 布一枚を隔てて、舌と舌が重なる。
<0231> 布一枚を隔てて、舌と舌が重なる。

// <0232> \{朋也}(智代が自分のパンツのあそこを舐めてる…)
<0232> \{Tomoya}(I lick his pants Tomoyo there ...)

// <0233> 倒錯的すぎる。
<0233> Kinky too。

// <0234> ずぷっ…ずぷぷっ…
<0234> Dig ... thrust ... dig ...

// <0235> そうしながらも、腰の動きは加速していく。
<0235> While doing so, will accelerate the movement of the waist。

// <0236> 俺も堪えきれず、自分の腰を上下させる。
<0236> Also bear overtaken me, my hips raising and lowering。

// <0237> ずぷっ! ずぷっ!
<0237> Dig ... thrust ... dig ...

// <0238> ものすごい勢いで、出入りを繰り返す。
<0238> At a frightening pace, repeating the entry。

// <0239> \{智代}「んんっ…」
<0239> \{Tomoyo}「Ill do ...」

// <0240> パンツがずれて、直接ふたりは舌を絡み合わせ、唾液を交換し合う。
<0240> Miss the pants, the two are intertwined tongue directly, to exchange saliva。

// <0241> これ以下がないぐらいに卑しいふたり。
<0241> This is no less vile to about two。

// <0242> しかし智代の腰の動きがラストスパートをかけるように激しさを増し、すぐ思考力を失う。
<0242> Intensify the movement to put a final sprint Tomoyo waist, but quickly lose the ability to think。

// <0243> ずぷっ! ずぷっ!
<0243> Dig ... thrust ... dig ...

// <0244> そのまま、登り詰める。
<0244> Continued climb。

// <0245> \{朋也}「でるっ…」
<0245> \{Tomoya}「I'm Ill ...」

// <0246> 俺が切れ切れにそう言うと、智代は俺のものを一番深くまでぶっすりとくわえ込んだ。
<0246> I'd say that the bits and pieces, Tomoyo is the most elaborate mouth and ass what my deep。

// <0247> 同時に、片方の手で陰嚢を付け根からぐにっと、もぎ取るように強く引っ張った。
<0247> At the same time from the groin to the scrotum one hand, pulled strongly to pull away。

// <0248> そこから精子を自分の膣の中へ押し出すように…
<0248> To push into my vagina sperm from there ...

// <0249> そんなことされたら、本当に空っぽになるまで出てしまう。
<0249> When you do that, they really out to be empty。

// <0250> にぎゅっ! 引っ張られる。
<0250>  Pulled。

// <0251> 直後、意識が飛ぶ。
<0251> Immediately fly consciousness。

// <0252> 白い世界へ。
<0252> White World。

// <0253> 智代の膣内へ白濁液を激しく放っていた。
<0253> Milky fluid alone was violently into the vagina Tomoyo。

// <0254> がくんがくん、何度も震える。
<0254> And tremble times。

// <0255> \{智代}「ふぅ…」
<0255> \{Tomoyo}「Whew ...」

// <0256> 身だしなみを整え、立ち上がる。
<0256> Appearance ready to stand up。

// <0257> \{智代}「なんだかいつもより、興奮してしまった…」
<0257> \{Tomoyo}「Somewhat more than usual, but it was exciting ...」

// <0258> \{智代}「恥ずかしいから、忘れてくれ…」
<0258> \{Tomoyo}「From embarrassing, let me forget ...」

// <0259> \{智代}「あと、たくさん出したから、もう、こんなことはしなくていいはずだ」
<0259> \{Tomoyo}「Then, from out a lot longer, I think that without such」

// <0260> いろんな部品を詰めた木箱を指さして言った。
<0260> Said, pointing to a wooden box filled with various parts。

// <0261> \{朋也}「いや、でもこれは…」
<0261> \{Tomoya}「No, but this ...」

// <0262> 俺は言いよどんだ。
<0262> No, this is me, said, but ...。

// <0263> \{朋也}「それと、これとは別だ…」
<0263> \{Tomoya}「Also, and this is another matter ...」

// <0264> なんて説得力のない言葉だ。
<0264> I don't use persuasive words。

// <0265> \{智代}「………」
<0265> \{Tomoyo}「………」

// <0266> 智代が信じられないとばかりに目を見開き俺を見た。
<0266> I watched with eyes wide open in disbelief at just Tomoyo。

// <0267> \{智代}「それでは話が違うじゃないか…」
<0267> \{Tomoyo}「So I think that is another story ...」

// <0268> \{智代}「おまえはたくさん溜まっていたから、いらだっていたはずだ」
<0268> \{Tomoyo}「Since you had accumulated a lot would have been frustrated」

// <0269> \{智代}「今、たくさん出した…私の体ですごく気持ちよくなって、いっぱい出した」
<0269> \{Tomoyo}「Now, I put a lot ... my body is very pleasant, filled out」

// <0270> \{智代}「なら、いらだつ理由もなくなって、私の言うことも納得してくれるはずだった!」
<0270> \{Tomoyo}「Now, we irritated no reason, it was also convinced me that what I say!」

// <0271> \{智代}「違うのか?」
<0271> \{Tomoyo}「Whats the difference?」

// <0272> \{智代}「まだ、こんなことを続けるのか?」
<0272> \{Tomoyo}「Do you still keep doing this?」

// <0273> \{智代}「ともを傷つけるために…」
<0273> \{Tomoyo}「Tomo to hurt ...」

// <0274> \{朋也}「俺にも…信念があるんだ」
<0274> \{Tomoya}「I also ... I have faith」

// <0275> \{智代}「だったら、どうして、えっちなことをしたんだっ」
<0275> \{Tomoyo}「Were, why did things」

// <0276> \{智代}「貫き通せもしない信念を振りかざすなっ」
<0276> \{Tomoyo}「Belief isn't even wield」

// <0277> \{朋也}「だからそれとこれとは別だっての…」
<0277> \{Tomoya}「And because it is so different from that ...」

// <0278> \{智代}「おまえは負けたんだ、それを認めて、信念を捨てろ」
<0278> \{Tomoyo}「You've got lost, admit it, Get your faith」

// <0279> \{朋也}「勝ち負けの問題なんかじゃないっ」
<0279> \{Tomoya}「I know what I say is a matter of winning or losing」

// <0280> その言葉で決意を固めたように、智代はすっと、目を細めた。
<0280> Determined to hold on to those words, Tomoyo is the straight, narrow eyes。

// <0281> \{智代}「じゃあ、私は勝ち続ける…私の信念のために」
<0281> \{Tomoyo}「So I keep my faith to win ...」

// <0282> \{朋也}「勝手にしろ…」
<0282> \{Tomoya}「Whatever ...」

// <0283> 昼を食べに施設へと戻った。
<0283> Returned to the facility to eat lunch。

// <0284> 河南子の姿がなかった。
<0284> Kanako was the figure。

// <0285> 訊くと、昼ご飯を持ってどこかへ行った、と教えてくれた。
<0285> Question and went to have lunch somewhere, and told me。

// <0286> \{朋也}「あいつ、何か失礼とかなかった?」
<0286> \{Tomoya}「He didn't excuse or something?」

// <0287> 俺は、河南子の性格を考え、教えてくれた男性に訊いてみた。
<0287> I thought the character of Kanako, I asked the man who taught me。

// <0288> 彼は苦笑して、手を顔の前で振った。
<0288> He was a wry smile, shook hands in front of face。

// <0289> 相変わらず会話はあまりできないが、悪い印象はなかった。
<0289> But still cant talk much, there was no bad impression。

// <0290> \{朋也}「…ぐおぉぉっ!」
<0290> \{Tomoya}「... Guoootsu!」

// <0291> スチール棚を運ぶ。
<0291> Carrying steel shelf。

// <0292> 業務用だけにやたらと重い。
<0292> Just random and heavy commercial。

// <0293> 台車に乗せようと思ったのだが、キャスターが壊れそうになり、やむなく手で運ぶことにした。
<0293> I thought it would be Seyou trolley, caster become so corrupt, was forced to carry by hand。

// <0294> できるだけ分解し、ばらばらにならないよう縛りつけてから背負って山を降りる。
<0294> Apart as possible to lock down the mountain to avoid carrying loose。

// <0295> 距離はたいしたことないが、一歩ごとに足腰が悲鳴をあげた。
<0295> Distance is not a big deal, the legs gave a shriek at every step。

// <0296> ようやく廃屋前まで辿りつく。
<0296> Ranking results before finally abandoned house。

// <0297> 重い棚を地面に下ろしたその先に、智代が立っていた。
<0297> Beyond that shelves down to the ground heavy, Tomoyo stood。

// <0298> \{智代}「ご苦労様だな、疲れただろう?」
<0298> \{Tomoyo}「Cheers for hard work and I will you tired?」

// <0299> \{朋也}「………」
<0299> \{Tomoya}「………」

// <0300> \{智代}「今日はもうそれぐらいでいいじゃないか」
<0300> \{Tomoyo}「Today, its good enough already about」

// <0301> \{智代}「さあ、えっちなことをしよう」
<0301> \{Tomoyo}「Now, let things speak eh」

// <0302> \{朋也}「………」
<0302> \{Tomoya}「………」

// <0303> \{智代}「どうした? 好きにしていいんだぞ?」
<0303> \{Tomoyo}「Whats up? I hope you'll like?」

// <0304> \{智代}「水も浴びてきた。体もきれいだ」
<0304> \{Tomoyo}「Water has been bathed. Pretty body」

// <0305> \{智代}「外でするほうが興奮していいだろう?」
<0305> \{Tomoyo}「Ill be more excited and outside?」

// <0306> \{智代}「ここなら誰もこない」
<0306> \{Tomoyo}「Anyone can now never」

// <0307> \{智代}「ほら、早くえっちなことして気持ちよくなろう」
<0307> \{Tomoyo}「You know, this is becoming a pleasant speak soon eh」

// <0308> \{智代}「新しい格好でだ。未知の気持ちよさが待ってるぞ」
<0308> \{Tomoyo}「Is the new cool. I'm waiting for the unknown comfortably」

// <0309> \{智代}「ああ…すごい…すごく…いいな…」
<0309> \{Tomoyo}「Yeah ... wow ... so ... I hope ...」

// <0310> 俺は…\p負け続けるのだろうか。
<0310> I'm ...\p I will continue to lose.

// <0311> こんなことをしていたら、俺の盆休みはあっという間に終わる。
<0311> I was doing this, my summer vacation is over quickly。

// <0312> 残るのは、中途半端に集められたガラクタだけだ。
<0312> The left is just rubbish collected in the air。

// <0313> \{智代}「立ってられなくなる…でも、立っていないと、おまえが気持ちよくなくなるな…」
<0313> \{Tomoyo}「Will not be able to stand ... but not standing, and you will be Chiyokunaku ...」

// <0314> \{智代}「がんばるぞ…」
<0314> \{Tomoyo}「Ill do my best ...」

// <0315> \{智代}「ああ、今日の朋也はすごいな…」
<0315> \{Tomoyo}「Oh, today is a great Tomoya ...」

// <0316> \{智代}「そんなに最初から飛ばして…\p
<0316> \{Tomoyo}「So start flying ...\p

// <0317> あぁっ」
<0317> Oh Atsu

// <0318> \{智代}「そこ、擦られると、ダメなんだ…力が抜けるから…」
<0318> \{Tomoyo}「Which, when rubbed, I'm bad ... I go weak ...」

// <0319> \{智代}「でもがんばるから、いっぱいこすってくれ…」
<0319> \{Tomoyo}「To do my best, but rubs me a lot ...」

// <0320> \{智代}「ああっ、そうだ…うん…いいっ…」
<0320> \{Tomoyo}「Oh, its OK ... so ... yeah ...」

// <0321> \{智代}「なんだか後ろからだと…犯されてるようだ…」
<0321> \{Tomoyo}「Somehow behind it ... It looks like being raped ...」

// <0322> \{智代}「朋也の顔が見えない…」
<0322> \{Tomoyo}「Tomoya can't see the face ...」

// <0323> \{智代}「朋也じゃなかったらどうしよう…」
<0323> \{Tomoyo}「If not for Tomoya to do ...」

// <0324> \{智代}「朋也、声を聞かせてくれ」
<0324> \{Tomoyo}「Tomoya, let me hear your voice」

// <0325> \{朋也}「………」
<0325> \{Tomoya}「………」

// <0326> \{智代}「朋也…?」
<0326> \{Tomoyo}「Tomoya?」

// <0327> \{朋也}「…大丈夫だ、俺だ」
<0327> \{Tomoya}「... Okay, but I」

// <0328> \{智代}「ああ、よかった…」
<0328> \{Tomoyo}「Oh, good ...」

// <0329> \{智代}「私のあそこは朋也のだけを気持ちよくするためにあるんだ…」
<0329> \{Tomoyo}「I'm in there for just a pleasant Tomoya ...」

// <0330> \{智代}「たくさん気持ちよくなってくれ…」
<0330> \{Tomoyo}「It gives me a lot of pleasant ...」

// <0331> \{智代}「あぅっ…んっ…んっ…」
<0331> \{Tomoyo}「Utsu Huh ... Huh ... Oh ...」

// <0332> おかしい。狂っている。
<0332> Funny. Wrong。

// <0333> どうしてこんなことになってるんだ?
<0333> I'm due to it all?

// <0334> ああ、そうか、これはお互いを愛しあっての行為じゃないんだ…
<0334> Oh yeah, I think this is the act of love for each other there ...

// <0335> 智代はともを守るために、こうして俺に捧げているんだ…
<0335> Tomoyo is to protect Tomo, I'm dedicated to this ...

// <0336> だから、こんなにも狂った感じがするんだ…
<0336> So its crazy to feel so much ...

// <0337> 正常な智代が屋外でしようなんて誘ってくるはずがない…
<0337> I couldn't have come to invite the outdoors normal Tomoyo ...

// <0338> しかもこんな犯されているような格好で…
<0338> Fucked up looking as if this is ...

// <0339> じゃあ、俺はどうだ?
<0339> Well, I'm what?

// <0340> 智代を愛しての行為か?
<0340> I love Tomoyo act?

// <0341> それも違う。これは単なる情欲からくる行為だ。
<0341> Nope. It is an act of mere lust that comes from。

// <0342> 気持ちいいからだ。
<0342> Because it feels good。

// <0343> この交わりには愛がない。
<0343> There is no love in this communion。

// <0344> だからこんなにも卑しいんだ。
<0344> I'm so much so humble。

// <0345> \{智代}「朋也…胸もさわっていいんだぞ…」
<0345> \{Tomoyo}「Tomoya ... I hope you can touch my heart ...」

// <0346> 俺はその胸に手を伸ばす。下を向いているせいか、それは驚くほど大きかった。
<0346> I reach into his chest. Don't blame me, look down, it is surprisingly huge。

// <0347> \{智代}「今はすごく敏感になってる…」
<0347> \{Tomoyo}「I'm so sensitive it ...」

// <0348> \{智代}「ああっ…」
<0348> \{Tomoyo}「Ah ...」

// <0349> \{智代}「ダメだ…先っぽは…」
<0349> \{Tomoyo}「The first whiff of bad ... but ...」

// <0350> 俺はその先端を執拗にこねくり回す。
<0350> I turn the tip relentlessly Konekuri。

// <0351> 指で押し込んだ後、擦らせて、ぷるんと突起が弾ける。
<0351> Then pushed a finger, rubbed them, play Purunto projections。

// <0352> \{智代}「うあっ…」
<0352> \{Tomoyo}「Where U ...」

// <0353> その度、智代が声をあげる。
<0353> In those times, raise your voice Tomoyo。

// <0354> \{智代}「もう…私の体はおまえの思い通りじゃないか…」
<0354> \{Tomoyo}「I don't want my body anymore ... You Gain More ...」

// <0355> 俺は両腕で、抱くようにして、智代の胸をもむ。
<0355> I'm in his arms, and to develop, knead the breasts of Tomoyo。

// <0356> \{智代}「あぁっ…」
<0356> \{Tomoyo}「Oh Atsu ...」

// <0357> \{智代}「こんなえっち、したことないな…すごいなっ…」
<0357> \{Tomoyo}「Well speak like this, it isn't that great ... ...」

// <0358> 智代の体をもみながら、闇雲に腰を振っていると、すぐ登り詰めてしまう。
<0358> Tomoyo body, rubbing, waving back and blindly, it would。

// <0359> 女の子は卑怯だ。こんなにも男を気持ちよくする部分をたくさん持っている…。
<0359> So is the girl. Part has a lot of pleasant man so much ...。

// <0360> \{朋也}「あ、いきそ…」
<0360> \{Tomoya}「Oh, Iki Resona ...」

// <0361> \{智代}「うん…構わない、そのままいってくれ…」
<0361> \{Tomoyo}「Yeah ... okay, let me just say ...」

// <0362> \{智代}「ほらっ…もっとっ…奧に…突っ込んだほうが…いいっ…」
<0362> \{Tomoyo}「Ill Have you know ... take ... ... I've had rammed into the sides ... more ...」

// <0363> 智代の腰が前後に揺すられ、俺のものをより深くへくわえ込もうとする。
<0363> Tomoyo was rocking back and forth waist, and deeper ones to my mouth。

// <0364> 智代の形のいいお尻が俺の尾てい骨に何度も打ち付けられ、たぷんたぷんと揺れた。
<0364> been nailed several times in my ass Tomoyo good shape, or shook Puntapunto。

// <0365> タイミングよく腰を押し出すと、一番奥深くへとぶっ刺さった。
<0365> Timely and push back, stuck deep into the most Bukkake。

// <0366> \{朋也}「智代っ…」
<0366> \{Tomoya}「Replacing Ji ...」

// <0367> 俺は智代のいやらしい体を抱きしめながら、達した。
<0367> While I embrace the body of Tomoyo obscene and reached。

// <0368> どくんどくんと熱々の体液をそのいやらしい体に注ぎ込んだ。
<0368> Body fluids poured into the hot and nasty I'm Poison Poison。

// <0369> \{智代}「朋也は…匂いをかぐのが好きだったな…」
<0369> \{Tomoyo}「Tomoya is ... I liked the smell of ...」

// <0370> \{智代}「好きに匂いをかいでも今は許すぞ…」
<0370> \{Tomoyo}「I also love the Smell I forgive ...」

// <0371> \{智代}「髪の毛はどうだ? かぎやすい格好だろう?」
<0371> \{Tomoyo}「How about hair? Casual clothing will be hooked!」

// <0372> 俺は智代の背中に垂れ落ちる髪の毛に顔を埋めてみる。
<0372> I try to fill in facial hair hanging down the back of Tomoyo。

// <0373> 柔らかい、女の子のいい匂いがした。
<0373> Soft, smelled good girl。

// <0374> それは清純な匂いだった。
<0374> It was pure odor。

// <0375> こんなにも汚れのない匂いをしているのに…
<0375> I have so much dirt with no smell ...

// <0376> その下では、ぐちゅぐちゅと卑しく俺と繋がっている。
<0376> Under that, I humbly and is connected Yuguchuto Yamaguchi。

// <0377> そして、その清純な智代の匂いさえ、俺は自分の性欲を掻きたてる低俗なものに仕立て上げている。
<0377> And even the smell of the pristine Tomoyo, I have woven into ones sexual desires are vulgar。

// <0378> 智代の匂いに包まれて、腰を闇雲に振っていると、すぐ登り詰めてしまう。
<0378> Wrapped in the smell of Tomoyo, shotgunning the waist and shake, it would。

// <0379> 女の子は卑怯だ。こんなにも男を気持ちよくする部分をたくさん持っている…。
<0379> So is the girl. Part has a lot of pleasant man so much ...。

// <0380> \{智代}「気持ちいいのか…? ぜんぜん髪から離れないな…」
<0380> \{Tomoyo}「What feels good? And leave the hair at all ...」

// <0381> \{智代}「やっぱり変態だな、おまえは…」
<0381> \{Tomoyo}「A transformation is still, and you ...」

// <0382> \{朋也}「あ、いきそ…」
<0382> \{Tomoya}「Oh, Iki Resona ...」

// <0383> \{智代}「やっぱりか…構わない、そのままいってくれ…」
<0383> \{Tomoyo}「I guess you mind, let me just say ...」

// <0384> \{智代}「ほらっ…もっとっ…奧に…突っ込んだほうが…いいっ…」
<0384> \{Tomoyo}「Ill Have you know ... take ... ...I've had rammed into the sides ... more ...」

// <0385> 智代の腰が前後に揺すられ、俺のものをより深くへくわえ込もうとする。
<0385> Tomoyo was rocking back and forth waist, and deeper ones to my mouth。

// <0386> 智代の形のいいお尻が俺の尾てい骨に何度も打ち付けられ、たぷんたぷんと揺れた。
<0386> Been nailed several times in my ass Tomoyo good shape, or shook Puntapunto。

// <0387> タイミングよく腰を押し出すと、一番奥深くへとぶっ刺さった。
<0387> Timely and push back, stuck deep into the most Bukkake。

// <0388> \{朋也}「智代っ…」
<0388> \{Tomoya}「Replacing Ji ...」

// <0389> 俺は清純な智代の匂いを嗅ぎながら、達した。
<0389> While I'm smelling pristine Tomoyo reached。

// <0390> どくんどくんと熱々の体液を卑しい智代の中に注ぎ込んだ。
<0390> Tomoyo poured in the hot fluids and humble I'm Poison Poison。

// <0391> その夜、河南子がいなくなった。
<0391> That night Kanako disappeared。

// <0392> 先に帰ると村人に言付けを残して。
<0392> Leave a message and leave the villagers to go ahead。

// <0393> ここぞとばかりに、その夜も、部屋で俺たちは交わった。
<0393> I like you just here the night, crossed the room with us。

// <0394> 堂々と裸で、汗を大量にかきながら。
<0394> Proudly naked, sweat a lot while scratching。

// <0395> 落ちてゆく…どこまでも。
<0395> Falling too far ...。

// <0396> \{朋也}「智代…」
<0396> \{Tomoya}「Tomoyo ...」

// <0397> その頬に手を当てる。
<0397> Put a hand to his cheek。

// <0398> \{智代}「ん…?」
<0398> \{Tomoyo}「I?」

// <0399> \{朋也}「今はいい。今は俺が支える」
<0399> \{Tomoya}「Now is good. I now support the」

// <0400> \{朋也}「けど、俺がもし、この先…ともの母親のように、どうしようもない状況になった時…」
<0400> \{Tomoya}「But, if I have, ahead of Tomo the mother ... so when the situation became hopeless ...」

// <0401> \{朋也}「おまえは、ちゃんとそばにいてくれるのか…?」
<0401> \{Tomoya}「You will either stay with us properly?」

// <0402> \{朋也}「こんなことも乗り越えられないようじゃ、心配だぞ、俺は…」
<0402> \{Tomoya}「It seems this can't be overcome, I'm afraid, I'm ...」

// <0403> 智代がすっと俺から離れる。
<0403> Tomoyo is straight away from me。

// <0404> 表情は髪で見えない。
<0404> Expression was seen in hair。

// <0405> 俯いて、震えていた。
<0405> The I was shivering。

// <0406> 後悔していた。
<0406> He was regretting。

// <0407> それが見て取れる。
<0407> Grasp it。

// <0408> 無言のまま身を翻した。
<0408> Reversed himself in silence。

// <0409> その背中が消える。
<0409> It disappears back。

// <0410> \{河南子}「なに? 痴話げんか?」
<0410> \{Kanako}「What? Quarrel?」

// <0411> 入れ替わり現れたのは、河南子だった。
<0411> Turnover appeared, was Kanako。

// <0412> \{河南子}「声かけても、無視されちゃったよ」
<0412> \{Kanako}「Even talk to her, I burned ignored」

// <0413> \{河南子}「どうした、えろいことしようとして、怒られたか」
<0413> \{Kanako}「Whats prone to trying to do is angry」

// <0414> いや、逆だけど。
<0414> No, but the opposite。

// <0415> \{河南子}「あ、そーだ、すごいんだよ、森の奧にさ、お花畑があんだよ。みんなで行かない?」
<0415> \{Kanako}「Oh, right, it really is, into the sides of the forest, where the ultimate tools you flower garden. Everyone go?」

// <0416> \{河南子}「あー、ともも連れてきてあげたかったなあ。すごくきれいなんだ」
<0416> \{Kanako}「Oh, I also wanted to bring Tomo. I'm very clean」

// <0417> …鷹文は。
<0417> Takafumi.

// <0418> \{河南子}「風も強くて涼しいんだよ、ね、いこうよ」
<0418> \{Kanako}「I'm Strong and cool wind, you know, it'll」

// <0419> \{朋也}「あのさ、河南子」
<0419> \{Tomoya}「That is, Kanako」

// <0420> \{河南子}「うん?」
<0420> \{Kanako}「Hmmm」

// <0421> \{朋也}「しばらく智代のこと見てやってくれないか」
<0421> \{Tomoya}「Can you do see that while Tomoyo」

// <0422> \{河南子}「なんで」
<0422> \{Kanako}「Why」

// <0423> \{朋也}「俺、今、手離せないからさ」
<0423> \{Tomoya}「I now tied by hand from」

// <0424> \{河南子}「見るって、見てればいいだけ?」
<0424> \{Kanako}「I see, I only see if you kiss?」

// <0425> \{朋也}「いや、何かあったら止めてくれ」
<0425> \{Tomoya}「Well, stop me if anything happens」

// <0426> \{河南子}「何かって?」
<0426> \{Kanako}「What?」

// <0427> \{朋也}「今のあいつ、錯乱してるからさ、衝動的によくないことをするかもしれない」
<0427> \{Tomoya}「He now, is it because I'm confused, it can be a bad thing for the impulsive」

// <0428> \{朋也}「おまえなら、止められるだろ? あんなに強いんだから」
<0428> \{Tomoya}「You would not ya be stopped? I'm so much stronger from」

// <0429> \{河南子}「うーん…どうだろう」
<0429> \{Kanako}「Hmm ... I don't know」

// <0430> \{朋也}「え?」
<0430> \{Tomoya}「What?」

// <0431> \{河南子}「そーか、あんたは、昔の先輩を見たことないんだね」
<0431> \{Kanako}「Or right, you'e not, I've never seen the old senior」

// <0432> \{河南子}「あの人が錯乱して行動するなんていったら、お腹をすかせたクマが暴れ回るようなもんだよ」
<0432> \{Kanako}「I act and how much he is confused, like I'm hungry bear rampage」

// <0433> \{朋也}「まじかよ…」
<0433> \{Tomoya}「You serious ...」

// <0434> \{河南子}「まー、そうならないことを祈って、引き受けましょうか」
<0434> \{Kanako}「Well, I hope that doesn't happen」

// <0435> \{河南子}「そうなった時にはアイス一年分ぐらいおごれよ」
<0435> \{Kanako}「If that happens, I Ogore ice for about one year」

// <0436> \{朋也}「ああ…」
<0436> \{Tomoya}「Yeah ...」

// <0437> 昼を食べに施設へと戻った。
<0437> Returned to the facility to eat lunch。

// <0438> 智代は戻ってこなかったようだ。
<0438> Tomoyo seems never came back。

// <0439> 訊くと、河南子が昼ご飯を持ってどこかへ行った、と教えてくれた。
<0439> Question and went to have lunch somewhere Kanako told me。

// <0440> 二人分、と言っていたから、智代のも持っていたのだろう。
<0440> Two minutes, had said, would also have had Tomoyo。

// <0441> \{朋也}「あいつ、何か失礼とかなかった?」
<0441> \{Tomoya}「He didn't excuse or something?」

// <0442> 俺は、河南子の性格を考え、教えてくれた男性に訊いてみた。
<0442> I thought the character of Kanako, I asked the man who taught me。

// <0443> 彼は苦笑して、手を顔の前で振った。
<0443> He was a wry smile, shook hands in front of face。

// <0444> 相変わらず会話はあまりできないが、悪い印象はなかった。
<0444> But still can't talk much, there was no bad impression。

// <0445> \{朋也}「…ぐおぉぉっ!」
<0445> \{Tomoya}「... Guoootsu!」

// <0446> スチール棚を運ぶ。
<0446> Carrying steel shelf。

// <0447> 業務用だけにやたらと重い。
<0447> Just random and heavy commercial。

// <0448> 台車に載せようと思ったのだが、キャスターが壊れそうになり、やむなく手で運ぶことにした。
<0448> It seemed like the magazine, trolley, wheels became so corrupt, was forced to carry by hand。

// <0449> できるだけ分解し、ばらばらにならないよう縛りつけてから背負って山を降りる。
<0449> Apart as possible to lock down the mountain to avoid carrying loose。

// <0450> 距離はたいしたことないが、一歩ごとに足腰が悲鳴をあげた。
<0450> Distance is not a big deal, the legs gave a shriek at every step。

// <0451> 日が暮れる。
<0451> Sunset。

// <0452> \{河南子}「今日の報告」
<0452> \{Kanako}「Todays report」

// <0453> \{河南子}「一日中、村の外を歩き回ってました」
<0453> \{Kanako}「One day, I was walking around outside of the village」

// <0454> \{河南子}「じっとしてられないみたいだね」
<0454> \{Kanako}「I guess I can't sit still」

// <0455> \{河南子}「たまに惚けたように、空か木の枝かわかんないけど遠くを眺めてる」
<0455> \{Kanako}「As occasionally but I do not remember watching the distant sky or a tree branch」

// <0456> \{河南子}「今の先輩に、落ち着ける場所はないみたいだね」
<0456> \{Kanako}「Now a senior, I guess I don't spot」

// <0457> \{河南子}「以上」
<0457> \{Kanako}「Over」

// <0458> \{河南子}「あ、あと便秘気味」
<0458> \{Kanako}「Oh, another touch of constipation」

// <0459> \{朋也}「見たのか」
<0459> \{Tomoya}「Did you see」

// <0460> \{河南子}「見ました」
<0460> \{Kanako}「Saw」

// <0461> \{朋也}「それは見るな」
<0461> \{Tomoya}「It is a view」

// <0462> \{河南子}「は」
<0462> \{Kanako}「The」

Script Chart[edit]

June July August After Other
1st SEEN0701 SEEN0801 SEEN5000 SEEN7910
2nd SEEN0702 SEEN5001 SEEN7920
3rd SEEN0803 SEEN5002 SEEN7930
4th SEEN0804 SEEN5003 SEEN7940
6th SEEN0806 BAD END SEEN5004 SEEN7950
SEEN1806 SEEN5005
7th SEEN0707 SEEN0807 SEEN5006
8th SEEN0708 SEEN0808 SEEN5007
9th SEEN0709 SEEN0809 SEEN5010
10th SEEN0710 SEEN1710 SEEN0810 SEEN5011
11th SEEN0711 SEEN0811 SEEN1811 SEEN2811
12th SEEN0712 SEEN0812
13th SEEN0713 SEEN0813 SEEN1813 SEEN2813
14th SEEN0714 SEEN1714 SEEN0814 BAD END BAD END BAD END BAD END
SEEN1814 SEEN2814 SEEN3814 SEEN4814
15th SEEN0715 SEEN1715 SEEN0815
16th SEEN0716 SEEN1716 SEEN0816
17th SEEN0717 SEEN0817
18th SEEN0818
19th SEEN0819
20th BAD END SEEN0820
SEEN0720
21st SEEN0721 SEEN0821
22nd SEEN0722 SEEN0822
23rd SEEN0723 SEEN0823
24th SEEN0724
25th SEEN0725
26th SEEN0726
27th SEEN0727
28th SEEN0628 SEEN0728
29th SEEN0629 SEEN0729
30th SEEN0630
BAD END
SEEN0744