Difference between revisions of "White Album 2/Script/2315"

From Baka-Tsuki
Jump to: navigation, search
(Created page with "Return to the main page here. == Translation == == Editing == == Translation Notes == == Text == {{WA2ScriptTable}} {{WA2ScriptLine |1|武也|Ta...")
 
m (Text)
 
(One intermediate revision by one other user not shown)
Line 27: Line 27:
 
|2|春希|Haruki
 
|2|春希|Haruki
 
|「武也」
 
|「武也」
|
+
|"Takeya."
 
|}}
 
|}}
   
Line 39: Line 39:
 
|4|春希|Haruki
 
|4|春希|Haruki
 
|「おい、起きろ。<br>風邪ひくぞ」
 
|「おい、起きろ。<br>風邪ひくぞ」
|
+
|"Oi, wake up. You'll catch a cold."
 
|}}
 
|}}
   
Line 45: Line 45:
 
|5|武也|Takeya
 
|5|武也|Takeya
 
|「うぁ…? あ、悪い」
 
|「うぁ…? あ、悪い」
|
+
|"Hua...? Ah, sorry."
 
|}}
 
|}}
   
Line 51: Line 51:
 
|6|春希|Haruki
 
|6|春希|Haruki
 
|「ほら、コーヒー。<br>濃くしといたから」
 
|「ほら、コーヒー。<br>濃くしといたから」
|
+
|"Here, your coffee. I made it stronger."
 
|}}
 
|}}
   
Line 57: Line 57:
 
|7|武也|Takeya
 
|7|武也|Takeya
 
|「サンキュ…ふあぁぁぁ~」
 
|「サンキュ…ふあぁぁぁ~」
|
+
|"Thank you... fuaaa~"
 
|}}
 
|}}
   
Line 63: Line 63:
 
|8|春希|Haruki
 
|8|春希|Haruki
 
|「…いきなり話があるって押しかけておいて、<br>聞かせてくれたのはイビキかよ」
 
|「…いきなり話があるって押しかけておいて、<br>聞かせてくれたのはイビキかよ」
|
+
|"...You suddenly barged in and said you have something to talk about, but here I am only hearing you snore."
 
|}}
 
|}}
   
Line 69: Line 69:
 
|9||
 
|9||
 
|冬の息吹を残したまま、大学は春休みに入り、<br>バイトに就職活動に遊びにデートにと、<br>忙しい日々が始まった。
 
|冬の息吹を残したまま、大学は春休みに入り、<br>バイトに就職活動に遊びにデートにと、<br>忙しい日々が始まった。
|
+
|As winter gives off its last breath of air, university enters into spring break. It was the beginning of a busy time for those working part-time jobs and others looking for employment, or for others who were out playing and going on dates.
 
|}}
 
|}}
   
Line 75: Line 75:
 
|10||
 
|10||
 
|もちろん前二つが俺で、<br>後ろ二つが目の前の寝ぼすけ野郎の行動だけど。
 
|もちろん前二つが俺で、<br>後ろ二つが目の前の寝ぼすけ野郎の行動だけど。
|
+
|Of course, the first two things are true for me, while the last two are true for the sleepyhead in front of me.
 
|}}
 
|}}
   
Line 81: Line 81:
 
|11|武也|Takeya
 
|11|武也|Takeya
 
|「っ…お前、なんだこれ。苦っ」
 
|「っ…お前、なんだこれ。苦っ」
|
+
|"...you, what the hell is this? It's so bitter."
 
|}}
 
|}}
   
Line 87: Line 87:
 
|12|春希|Haruki
 
|12|春希|Haruki
 
|「コーヒーを濃く淹れたらどういう味になるかくらい<br>判断できる頭に戻ってくれ」
 
|「コーヒーを濃く淹れたらどういう味になるかくらい<br>判断できる頭に戻ってくれ」
|
+
|"Please be awake enough to be aware of what happens when I make the coffee stronger."
 
|}}
 
|}}
   
Line 93: Line 93:
 
|13|武也|Takeya
 
|13|武也|Takeya
 
|「ん~………昨夜寝てないんだよなぁ」
 
|「ん~………昨夜寝てないんだよなぁ」
|
+
|"Nhhh~... I didn't sleep at all last night."
 
|}}
 
|}}
   
Line 99: Line 99:
 
|14|春希|Haruki
 
|14|春希|Haruki
 
|「…また女の部屋か?」
 
|「…また女の部屋か?」
|
+
|"...You stayed in a girl’s room again?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 105: Line 105:
 
|15|武也|Takeya
 
|15|武也|Takeya
 
|「まぁな」
 
|「まぁな」
|
+
|"Something like that."
 
|}}
 
|}}
   
Line 111: Line 111:
 
|16|春希|Haruki
 
|16|春希|Haruki
 
|「お前なぁ、何度も言うけど<br>いい加減そんなフラフラしてないでせめて一人に…<br>いや、ごめん。今のは忘れてくれ」
 
|「お前なぁ、何度も言うけど<br>いい加減そんなフラフラしてないでせめて一人に…<br>いや、ごめん。今のは忘れてくれ」
|
+
|"You... I’ll say it once again, stop wandering aimlessly and settle with one... No, sorry. Forget that."
 
|}}
 
|}}
   
Line 117: Line 117:
 
|17|武也|Takeya
 
|17|武也|Takeya
 
|「滅茶苦茶わかりやすい自己完結してんじゃねえよ。<br>それにそういうんじゃないって。<br>女ったって、依緒んちだよ」
 
|「滅茶苦茶わかりやすい自己完結してんじゃねえよ。<br>それにそういうんじゃないって。<br>女ったって、依緒んちだよ」
|
+
|"Don’t just discard your own thoughts so easily. And it’s not what you think. It’s just that, the girl was Io."
 
|}}
 
|}}
   
Line 123: Line 123:
 
|18|春希|Haruki
 
|18|春希|Haruki
 
|「………やったな武也」
 
|「………やったな武也」
|
+
|"...You finally did it, Takeya."
 
|}}
 
|}}
   
Line 129: Line 129:
 
|19|武也|Takeya
 
|19|武也|Takeya
 
|「………なんか不愉快すぎて目が冴えた」
 
|「………なんか不愉快すぎて目が冴えた」
|
+
|"...You don’t look too happy about it."
 
|}}
 
|}}
   
Line 135: Line 135:
 
|20|春希|Haruki
 
|20|春希|Haruki
 
|「いや、本気で祝福してるって。<br>まぁ、それ以上に驚愕してるけど」
 
|「いや、本気で祝福してるって。<br>まぁ、それ以上に驚愕してるけど」
|
+
|"No, I really give you my honest blessings. Well, I’m shocked for the most part though."
 
|}}
 
|}}
   
Line 141: Line 141:
 
|21|武也|Takeya
 
|21|武也|Takeya
 
|「そのまん丸な目もやる気のない拍手も、<br>あいつの母親とまったく同じリアクションで<br>すっげームカつく」
 
|「そのまん丸な目もやる気のない拍手も、<br>あいつの母親とまったく同じリアクションで<br>すっげームカつく」
|
+
|"Those wide eyes and the applause which scream of sarcasm, this is the same way her mother reacted, it's so frustrating."
 
|}}
 
|}}
   
Line 147: Line 147:
 
|22|春希|Haruki
 
|22|春希|Haruki
 
|「親公認なんだな…ある意味」
 
|「親公認なんだな…ある意味」
|
+
|"In a way...it's like being officially recognized by her parents."
 
|}}
 
|}}
   
Line 153: Line 153:
 
|23||
 
|23||
 
|中学の頃から家族ぐるみの付き合いとはいえ、<br>相手の親にそこまで見透かされてるのも<br>なんだかなぁと思うけど。
 
|中学の頃から家族ぐるみの付き合いとはいえ、<br>相手の親にそこまで見透かされてるのも<br>なんだかなぁと思うけど。
|
+
|Although he’s known her family ever since middle school,<br>thinking how easily her mother saw through him is kinda sad.
 
|}}
 
|}}
   
Line 159: Line 159:
 
|24|武也|Takeya
 
|24|武也|Takeya
 
|「どうせお前らが想像するように、<br>色っぽい話なんかカケラも出てこなかったよ。<br>ああ悪かったなぁ幼なじみ相手じゃ立たない男でよ!」
 
|「どうせお前らが想像するように、<br>色っぽい話なんかカケラも出てこなかったよ。<br>ああ悪かったなぁ幼なじみ相手じゃ立たない男でよ!」
|
+
|"And it’s just like you thought, nothing romantic happened at all. Sorry for being a man who can’t be aroused by his childhood friend!"
 
|}}
 
|}}
   
Line 165: Line 165:
 
|25|春希|Haruki
 
|25|春希|Haruki
 
|「いや、何もそこまで…俺が悪かったよ」
 
|「いや、何もそこまで…俺が悪かったよ」
|
+
|"No, that’s not what I meant... Sorry."
 
|}}
 
|}}
   
Line 171: Line 171:
 
|26||
 
|26||
 
|こっち側の気持ちの問題じゃないことが<br>わかってるだけに、その逆ギレが痛くて、<br>思わず全面的に謝ってしまう。
 
|こっち側の気持ちの問題じゃないことが<br>わかってるだけに、その逆ギレが痛くて、<br>思わず全面的に謝ってしまう。
|
+
|Although I realize that it's not my fault, the way he lashed back at me was so hurtful, I apologized without thinking.
 
|}}
 
|}}
   
Line 177: Line 177:
 
|27||
 
|27||
 
|武也の気持ちはこんなに筒抜けなのに、<br>肝心の依緒の気持ちが今イチはっきりしないのは、<br>俺が武也側の性別にいるせいなのか…
 
|武也の気持ちはこんなに筒抜けなのに、<br>肝心の依緒の気持ちが今イチはっきりしないのは、<br>俺が武也側の性別にいるせいなのか…
|
+
|I understand how Takeya feels, but I still can’t grasp Io’s feelings which are the key to this issue, maybe because she's a girl...
 
|}}
 
|}}
   
Line 183: Line 183:
 
|28|武也|Takeya
 
|28|武也|Takeya
 
|「…本当にお前のせいだからタチが悪いんだよ」
 
|「…本当にお前のせいだからタチが悪いんだよ」
|
+
|"...It's because of you that it became like this."
 
|}}
 
|}}
   
Line 189: Line 189:
 
|29|春希|Haruki
 
|29|春希|Haruki
 
|「え…?」
 
|「え…?」
|
+
|"Eh...?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 195: Line 195:
 
|30||
 
|30||
 
|なんて呑気に構えている場合じゃないことを、<br>俺は、その瞬間だけはすっかり忘れてた。
 
|なんて呑気に構えている場合じゃないことを、<br>俺は、その瞬間だけはすっかり忘れてた。
|
+
|In this moment I noticed, that I'm not in a position to be carefree right now.
 
|}}
 
|}}
   
Line 201: Line 201:
 
|31|武也|Takeya
 
|31|武也|Takeya
 
|「俺が今から話すこと…<br>本当に春希に伝えるべきかどうか、<br>一晩徹夜で大喧嘩してた」
 
|「俺が今から話すこと…<br>本当に春希に伝えるべきかどうか、<br>一晩徹夜で大喧嘩してた」
|
+
|"What I’m about to say… is something that I had a big fight with Io on—whether to tell you this or not."
 
|}}
 
|}}
   
Line 207: Line 207:
 
|32|春希|Haruki
 
|32|春希|Haruki
 
|「お前、それどういう…」
 
|「お前、それどういう…」
|
+
|"What did you..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 213: Line 213:
 
|33|武也|Takeya
 
|33|武也|Takeya
 
|「春希、お前…<br>小春ちゃんのこと受け入れたろ。<br>彼女の気持ちに応えただろ」
 
|「春希、お前…<br>小春ちゃんのこと受け入れたろ。<br>彼女の気持ちに応えただろ」
|
+
|"Haruki, you... accepted Koharu, right?<br>You answered her feelings, right?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 219: Line 219:
 
|34|春希|Haruki
 
|34|春希|Haruki
 
|「………………………うん」
 
|「………………………うん」
|
+
|"......yeah."
 
|}}
 
|}}
   
Line 225: Line 225:
 
|35|武也|Takeya
 
|35|武也|Takeya
 
|「なんでいきなり肯定すんだよ!<br>少しぐらい誤魔化そうって頑張れよ!」
 
|「なんでいきなり肯定すんだよ!<br>少しぐらい誤魔化そうって頑張れよ!」
|
+
|"Why did you admit it so fast! At least try to hide it a little!"
 
|}}
 
|}}
   
Line 231: Line 231:
 
|36|春希|Haruki
 
|36|春希|Haruki
 
|「………………………ごめん」
 
|「………………………ごめん」
|
+
|"......Sorry."
 
|}}
 
|}}
   
Line 237: Line 237:
 
|37||
 
|37||
 
|だってそんな、お前…
 
|だってそんな、お前…
|
+
|Because, you....
 
|}}
 
|}}
   
Line 243: Line 243:
 
|38||
 
|38||
 
|こんな戦線の最後尾だと思ってたところで、<br>いきなり大砲の弾を胸に喰らうなんて思わないだろ、普通。
 
|こんな戦線の最後尾だと思ってたところで、<br>いきなり大砲の弾を胸に喰らうなんて思わないだろ、普通。
|
+
|Normally, one would not think to suddenly get hit by a gigantic artillery round while being a rearguard on a battlefield.
 
|}}
 
|}}
   
Line 261: Line 261:
 
|41|春希|Haruki
 
|41|春希|Haruki
 
|「あ…」
 
|「あ…」
|
+
|"Ah..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 267: Line 267:
 
|42|武也|Takeya
 
|42|武也|Takeya
 
|「いつまでぼうっとしてんだよ。<br>夜だぜ、もう」
 
|「いつまでぼうっとしてんだよ。<br>夜だぜ、もう」
|
+
|"How long will you continue to space out? It’s night time already."
 
|}}
 
|}}
   
Line 273: Line 273:
 
|43|春希|Haruki
 
|43|春希|Haruki
 
|「あ、ああ…そっか」
 
|「あ、ああ…そっか」
|
+
|"Ah, yeah... I see."
 
|}}
 
|}}
   
Line 279: Line 279:
 
|44||
 
|44||
 
|武也が一通り話し終えた頃には、<br>日はどっぷりと暮れていた。
 
|武也が一通り話し終えた頃には、<br>日はどっぷりと暮れていた。
|
+
|After Takeya finished his talk, the sun had already set.
 
|}}
 
|}}
   
Line 285: Line 285:
 
|45||
 
|45||
 
|けれど俺は、そんな外の変化に気づくことなく、<br>ただ呆然と、武也の話に叩きのめされていたらしい。
 
|けれど俺は、そんな外の変化に気づくことなく、<br>ただ呆然と、武也の話に叩きのめされていたらしい。
|
+
|However, I did not not pay attention to my surroundings, starring dumbfounded as Takeya lambasted me continuously.
 
|}}
 
|}}
   
Line 291: Line 291:
 
|46|武也|Takeya
 
|46|武也|Takeya
 
|「俺が聞いたのはそんだけ。<br>って、そんだけ聞けば十分すぎるけどな」
 
|「俺が聞いたのはそんだけ。<br>って、そんだけ聞けば十分すぎるけどな」
|
+
|"That's all I heard. Without a doubt, that is more than enough."
 
|}}
 
|}}
   
Line 297: Line 297:
 
|47|春希|Haruki
 
|47|春希|Haruki
 
|「孝宏君が…」
 
|「孝宏君が…」
|
+
|"Takahiro-kun..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 303: Line 303:
 
|48||
 
|48||
 
|その手が、あった…
 
|その手が、あった…
|
+
|So that’s another way to do it...
 
|}}
 
|}}
   
Line 309: Line 309:
 
|49||
 
|49||
 
|知ってたはずじゃないか。<br>彼と小春が、同じクラスだってこと。
 
|知ってたはずじゃないか。<br>彼と小春が、同じクラスだってこと。
|
+
|Why didn’t I realise it? He and Koharu are classmates after all.
 
|}}
 
|}}
   
Line 315: Line 315:
 
|50|武也|Takeya
 
|50|武也|Takeya
 
|「雪菜ちゃんにも孝宏にも何も話してない。<br>…そのコの相手の大学生ってのが、<br>あろうことかお前だなんてことは」
 
|「雪菜ちゃんにも孝宏にも何も話してない。<br>…そのコの相手の大学生ってのが、<br>あろうことかお前だなんてことは」
|
+
|"I didn’t say anything to Setsuna-chan or Takahiro. ...That the girl’s college boyfriend is actually you."
 
|}}
 
|}}
   
Line 327: Line 327:
 
|52||
 
|52||
 
|けど、知ってたからどうだって言うんだ?
 
|けど、知ってたからどうだって言うんだ?
|
+
|So what if I had realized?
 
|}}
 
|}}
   
Line 333: Line 333:
 
|53||
 
|53||
 
|俺のことを、姉の彼氏だと思い込んでる彼に、<br>『杉浦小春という同級生の女の子』について、<br>根掘り葉掘り聞けば良かったってのか?
 
|俺のことを、姉の彼氏だと思い込んでる彼に、<br>『杉浦小春という同級生の女の子』について、<br>根掘り葉掘り聞けば良かったってのか?
|
+
|Would asking thoroughly about "this girl named Sugiura Koharu who is your classmate" be appropriate for someone who he sees as a boyfriend of his older sister?
 
|}}
 
|}}
   
Line 339: Line 339:
 
|54|武也|Takeya
 
|54|武也|Takeya
 
|「お前、最低だな…」
 
|「お前、最低だな…」
|
+
|"You're truly the worst...."
 
|}}
 
|}}
   
Line 345: Line 345:
 
|55||
 
|55||
 
|武也の紛うことなき正論が、俺を何度も突き刺す。
 
|武也の紛うことなき正論が、俺を何度も突き刺す。
|
+
|Takeya's remark is the absolute truth, stabbing me continuously to no end.
 
|}}
 
|}}
   
Line 351: Line 351:
 
|56||
 
|56||
 
|いつもなら『お前が言うな』って、<br>言い逃れていたかもしれない。
 
|いつもなら『お前が言うな』って、<br>言い逃れていたかもしれない。
|
+
|If it was the usual, I'd brush this off by saying "You're not one to talk".
 
|}}
 
|}}
   
Line 357: Line 357:
 
|57|武也|Takeya
 
|57|武也|Takeya
 
|「お前の選択は、みんなを不幸にしたんだよ。<br>雪菜ちゃんも、小春希も、<br>そして、お前自身も」
 
|「お前の選択は、みんなを不幸にしたんだよ。<br>雪菜ちゃんも、小春希も、<br>そして、お前自身も」
|
+
|"Your choice caused everyone unhappiness. For Setsuna-chan, for Mini Haruki, and also for you yourself."
 
|}}
 
|}}
   
Line 363: Line 363:
 
|58||
 
|58||
 
|けど今回は無理だ…<br>少なくとも武也は、<br>相手をここまで悲しませたりはしない。
 
|けど今回は無理だ…<br>少なくとも武也は、<br>相手をここまで悲しませたりはしない。
|
+
|But it's impossible this time... at least even Takeya wouldn’t hurt somebody to this extent.
|}}
+
| }}
   
 
{{WA2ScriptLine
 
{{WA2ScriptLine
 
|59|春希|Haruki
 
|59|春希|Haruki
 
|「小春が…」
 
|「小春が…」
|
+
|"Koharu is..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 375: Line 375:
 
|60|武也|Takeya
 
|60|武也|Takeya
 
|「やっぱ知らなかったんだな…<br>あのコが学校でそんな酷いコトになってるって」
 
|「やっぱ知らなかったんだな…<br>あのコが学校でそんな酷いコトになってるって」
|
+
|"As I thought, you knew nothing about it... about how cruel she has been treated in school.
 
|}}
 
|}}
   
Line 381: Line 381:
 
|61|春希|Haruki
 
|61|春希|Haruki
 
|「ある程度は気づいてた…けど」
 
|「ある程度は気づいてた…けど」
|
+
|"I did to a certain degree… but."
 
|}}
 
|}}
   
Line 387: Line 387:
 
|62||
 
|62||
 
|電話口での痛々しいはしゃぎ方や、突然の愛の囁き。
 
|電話口での痛々しいはしゃぎ方や、突然の愛の囁き。
|
+
|Her voice on the phone was unnaturally happy, with a sudden declaration of love.
 
|}}
 
|}}
   
Line 393: Line 393:
 
|63||
 
|63||
 
|二人きりになったときの、過剰なまでの甘えっぷりや、<br>暗闇の中での、まるで赤子のような号泣。
 
|二人きりになったときの、過剰なまでの甘えっぷりや、<br>暗闇の中での、まるで赤子のような号泣。
|
+
|She acted spoiled when we were alone, and in the darkness, she cried like a baby.
 
|}}
 
|}}
   
Line 399: Line 399:
 
|64||
 
|64||
 
|誤解と真実が交錯した親友との決裂は、<br>確かに小春に深い傷を残したはずだったけど、<br>あんなに心を抉られるまでとはどうしても思えなかった。
 
|誤解と真実が交錯した親友との決裂は、<br>確かに小春に深い傷を残したはずだったけど、<br>あんなに心を抉られるまでとはどうしても思えなかった。
|
+
|She’s been hurt badly from the lost of her best friend because of the small line between truth and misunderstanding, but I didn’t know it was so traumatic.
 
|}}
 
|}}
   
Line 405: Line 405:
 
|65||
 
|65||
 
|他にも何かあるって気づいてた。<br>そう、気づいてたはずなのに…
 
|他にも何かあるって気づいてた。<br>そう、気づいてたはずなのに…
|
+
|I did realise she hid something. Yeah, it's not new to me...
 
|}}
 
|}}
   
Line 411: Line 411:
 
|66|春希|Haruki
 
|66|春希|Haruki
 
|「けど、峰城大付属だぞ?<br>俺たちが三年間通った、あの呑気な学校だぞ?」
 
|「けど、峰城大付属だぞ?<br>俺たちが三年間通った、あの呑気な学校だぞ?」
|
+
|"But, we're talking about Houjou high school, right? The same school we've spent 3 years at, that carefree school?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 417: Line 417:
 
|67||
 
|67||
 
|甘く見てたのは、否めなかった。
 
|甘く見てたのは、否めなかった。
|
+
|I couldn't deny that I took this lightly.
 
|}}
 
|}}
   
Line 423: Line 423:
 
|68|武也|Takeya
 
|68|武也|Takeya
 
|「ま、色々と不運が重なったんだろうな…」
 
|「ま、色々と不運が重なったんだろうな…」
|
+
|"Well, maybe it’s just a string of bad luck..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 429: Line 429:
 
|69||
 
|69||
 
|あの学校の生徒は、大抵が坊ちゃん嬢ちゃんで、<br>たまに俺みたいな勉強ばっかしてる奴がいて、<br>突然変異で雪菜みたいな学園のアイドルがいて…
 
|あの学校の生徒は、大抵が坊ちゃん嬢ちゃんで、<br>たまに俺みたいな勉強ばっかしてる奴がいて、<br>突然変異で雪菜みたいな学園のアイドルがいて…
|
+
|Students there are usually from wealthy families, and sometimes you’ll find students like me who just want to study, or even school idols such as Setsuna...
 
|}}
 
|}}
   
Line 435: Line 435:
 
|70|武也|Takeya
 
|70|武也|Takeya
 
|「みんな卒業間近で浮き足立ってたところに、<br>降ってわいたようなスキャンダルだ」
 
|「みんな卒業間近で浮き足立ってたところに、<br>降ってわいたようなスキャンダルだ」
|
+
|"Just before graduation where everyone’s pretty uptight, a scandal like this suddenly happens."
 
|}}
 
|}}
   
Line 441: Line 441:
 
|71||
 
|71||
 
|こんな気持ちの悪い負の連鎖には一番縁遠い、<br>平和な場所だと思ってたのに。
 
|こんな気持ちの悪い負の連鎖には一番縁遠い、<br>平和な場所だと思ってたのに。
|
+
|I’ve always thought that this school was a peaceful place with no relations to these negative elements.
 
|}}
 
|}}
   
Line 447: Line 447:
 
|72|武也|Takeya
 
|72|武也|Takeya
 
|「それも、クラス一真面目で面倒見がいいと思ってた<br>委員長が、相手との仲立ちをしてるふりして<br>親友の彼氏を略奪…インパクトあるよな」
 
|「それも、クラス一真面目で面倒見がいいと思ってた<br>委員長が、相手との仲立ちをしてるふりして<br>親友の彼氏を略奪…インパクトあるよな」
|
+
|"Also, the class rep who is always serious and good at taking care of others, pretended to help her friend but took away her boyfriend in the end... the impact was big."
 
|}}
 
|}}
   
Line 453: Line 453:
 
|73|春希|Haruki
 
|73|春希|Haruki
 
|「そんなの嘘だ…<br>小春はただ、俺のこと元気づけてくれただけで…」
 
|「そんなの嘘だ…<br>小春はただ、俺のこと元気づけてくれただけで…」
|
+
|"This isn't true... Koharu was just trying to cheer me up..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 459: Line 459:
 
|74|武也|Takeya
 
|74|武也|Takeya
 
|「そうやって否定しようとする人間も、<br>真面目に聞こうとする人間もいないなら、<br>伝わった噂だけが真実だよ」
 
|「そうやって否定しようとする人間も、<br>真面目に聞こうとする人間もいないなら、<br>伝わった噂だけが真実だよ」
|
+
|"It’s because no one tried to deny the fact nor did anyone seriously look into the matter, so rumors eventually became the truth."
 
|}}
 
|}}
   
Line 471: Line 471:
 
|76||
 
|76||
 
|これで、全てが繋がった。
 
|これで、全てが繋がった。
|
+
|With this, I've connected the dots.
 
|}}
 
|}}
   
Line 477: Line 477:
 
|77||
 
|77||
 
|どうして小春がすぐに嘘をつくようになったのか。<br>あまりにも危うい方向に進むようになったのか。
 
|どうして小春がすぐに嘘をつくようになったのか。<br>あまりにも危うい方向に進むようになったのか。
|
+
|Why Koharu learnt to lie so fast. Why she’s been heading to a very dangerous direction.
 
|}}
 
|}}
   
Line 483: Line 483:
 
|78||
 
|78||
 
|俺に誠実であろうとすればするほど、<br>自分の意思ではどうにもならないところで、<br>友人たちとの距離が離れていくという、最悪のジレンマ。
 
|俺に誠実であろうとすればするほど、<br>自分の意思ではどうにもならないところで、<br>友人たちとの距離が離れていくという、最悪のジレンマ。
|
+
|It's the worst kind of dilemma—the more sincere she was with me, the more she was distanced from her friends, while being completely helpless in the process.
 
|}}
 
|}}
   
Line 489: Line 489:
 
|79||
 
|79||
 
|今の小春にとって、<br>手を伸ばして掴むことができるのが、<br>唯一、俺の手だけだったから…
 
|今の小春にとって、<br>手を伸ばして掴むことができるのが、<br>唯一、俺の手だけだったから…
|
+
|For Koharu, the only hand she can reach out to right now, is mine...
 
|}}
 
|}}
   
Line 495: Line 495:
 
|80||
 
|80||
 
|だから、ただ闇雲に俺の手だけを引き寄せて、<br>その腕に抱きしめられるしか、自分を保つ術がなかった。
 
|だから、ただ闇雲に俺の手だけを引き寄せて、<br>その腕に抱きしめられるしか、自分を保つ術がなかった。
|
+
|That’s why in this hopeless situation, she could only pull this hand and hold it tightly to her chest in order to protect herself.
 
|}}
 
|}}
   
Line 501: Line 501:
 
|81||
 
|81||
 
|そんな、哀しい開き直り。
 
|そんな、哀しい開き直り。
|
+
|It's a sorrowful turn of events.
 
|}}
 
|}}
   
Line 507: Line 507:
 
|82|武也|Takeya
 
|82|武也|Takeya
 
|「可哀想にな、小春ちゃん…<br>お前のお手つきじゃなかったら、<br>俺が守ってやるんだけどな」
 
|「可哀想にな、小春ちゃん…<br>お前のお手つきじゃなかったら、<br>俺が守ってやるんだけどな」
|
+
|"I feel sorry for Koharu-chan... If it’d be any other guy, I would be the one protecting her."
 
|}}
 
|}}
   
Line 513: Line 513:
 
|83|春希|Haruki
 
|83|春希|Haruki
 
|「そういう言い方、するなよ…」
 
|「そういう言い方、するなよ…」
|
+
|"Don’t put it that way..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 519: Line 519:
 
|84|武也|Takeya
 
|84|武也|Takeya
 
|「じゃあ、どう言えばいいんだ?<br>お前の愛人? 二号? 雪菜ちゃんの代替品?<br>ゲームで言えば隠しキャラ?」
 
|「じゃあ、どう言えばいいんだ?<br>お前の愛人? 二号? 雪菜ちゃんの代替品?<br>ゲームで言えば隠しキャラ?」
|
+
|"Then, how should I put it? Your lover? Your mistress? Setsuna-chan's replacement? If it's a game, a hidden character?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 525: Line 525:
 
|85|春希|Haruki
 
|85|春希|Haruki
 
|「ふざけんな! 小春は悪くないだろ!<br>なんでお前までそんな酷いこと言うんだよ!?」
 
|「ふざけんな! 小春は悪くないだろ!<br>なんでお前までそんな酷いこと言うんだよ!?」
|
+
|"Don't screw with me! It's not Koharu's fault! Why are you even saying such cruel things about her!?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 531: Line 531:
 
|86|武也|Takeya
 
|86|武也|Takeya
 
|「その方が春希にダメージ与えられるからだよ。<br>お前、自分が悪く言われても耐えきっちまうだろ」
 
|「その方が春希にダメージ与えられるからだよ。<br>お前、自分が悪く言われても耐えきっちまうだろ」
|
+
|"Because this is the only way I can hurt you. You’re the type to keep it in if I said bad things about you, right?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 537: Line 537:
 
|87|春希|Haruki
 
|87|春希|Haruki
 
|「っ…」
 
|「っ…」
|
+
|"..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 543: Line 543:
 
|88|武也|Takeya
 
|88|武也|Takeya
 
|「それにあのコだって、そう言われても仕方ないだろ。<br>…自分がそんな大変な目に遭ってるのに、<br>好きな男にすら相談できずに抱え込んじまうんだぞ?」
 
|「それにあのコだって、そう言われても仕方ないだろ。<br>…自分がそんな大変な目に遭ってるのに、<br>好きな男にすら相談できずに抱え込んじまうんだぞ?」
|
+
|"And for her, it can’t help if people talk about her like that. ...Even if she’s been treated that way, it's not like she can discusses it with the man she loves, right?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 549: Line 549:
 
|89|春希|Haruki
 
|89|春希|Haruki
 
|「それは…」
 
|「それは…」
|
+
|"That's..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 555: Line 555:
 
|90|武也|Takeya
 
|90|武也|Takeya
 
|「それがどういうことかわかるか?<br>…自分のこと、そういう立場だって思ってるんだよ。<br>あのコは」
 
|「それがどういうことかわかるか?<br>…自分のこと、そういう立場だって思ってるんだよ。<br>あのコは」
|
+
|"Do you even know what this means? ...She thinks this is how her position is."
 
|}}
 
|}}
   
Line 561: Line 561:
 
|91|春希|Haruki
 
|91|春希|Haruki
 
|「小春…」
 
|「小春…」
|
+
|"Koharu..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 567: Line 567:
 
|92||
 
|92||
 
|聞かないって約束だったから。<br>ただ見守るだけって縛りだったから。
 
|聞かないって約束だったから。<br>ただ見守るだけって縛りだったから。
|
+
|Because I promised not to pry. Because I promised to only look after her from afar.
 
|}}
 
|}}
   
Line 573: Line 573:
 
|93|武也|Takeya
 
|93|武也|Takeya
 
|「それで恋人同士って言えるのかよ?<br>…って、言えるわけないんだったよな」
 
|「それで恋人同士って言えるのかよ?<br>…って、言えるわけないんだったよな」
|
+
|"Can you even call yourselves couple? ...There’s no way you can."
 
|}}
 
|}}
   
Line 579: Line 579:
 
|94||
 
|94||
 
|それは多分…<br>ただ、俺にこれ以上迷惑をかけたくないっていう、<br>小春のやせ我慢だったんだと思う。
 
|それは多分…<br>ただ、俺にこれ以上迷惑をかけたくないっていう、<br>小春のやせ我慢だったんだと思う。
|
+
|That's probably...She doesn’t want to cause me trouble, this is why she’s holding it in.
 
|}}
 
|}}
   
Line 585: Line 585:
 
|95|武也|Takeya
 
|95|武也|Takeya
 
|「俺に呆れられるってどういうことだよ?<br>なぁ春希、これっておかしくないか?<br>ポジション的に思いっきり逆だろうが!」
 
|「俺に呆れられるってどういうことだよ?<br>なぁ春希、これっておかしくないか?<br>ポジション的に思いっきり逆だろうが!」
|
+
|"Why are you looking at me with such a shocked face? You know, Haruki, don’t you think this is weird? Our roles have completely reversed!"
 
|}}
 
|}}
   
Line 591: Line 591:
 
|96||
 
|96||
 
|本当は、それだってわかってた。<br>小春の俺に対する思いやり、<br>何もかも、気づいてた。
 
|本当は、それだってわかってた。<br>小春の俺に対する思いやり、<br>何もかも、気づいてた。
|
+
|The truth is, I knew. I knew all about her thoughts towards me.
 
|}}
 
|}}
   
Line 597: Line 597:
 
|97||
 
|97||
 
|俺が、小春と身体を重ねるだけでなく、<br>小春の事情にまで深く介入することで、<br>雪菜との間に決定的な亀裂が生まれることを…
 
|俺が、小春と身体を重ねるだけでなく、<br>小春の事情にまで深く介入することで、<br>雪菜との間に決定的な亀裂が生まれることを…
|
+
|By not only sleeping with Koharu, but also meddling too much into her situation, my relationship with Setsuna is on the verge of breaking...
 
|}}
 
|}}
   
Line 603: Line 603:
 
|98|武也|Takeya
 
|98|武也|Takeya
 
|「お前らが、どうしてそんな関係になったのか…<br>負い目か、同情か、それとも本気なのか、<br>俺にはわからない」
 
|「お前らが、どうしてそんな関係になったのか…<br>負い目か、同情か、それとも本気なのか、<br>俺にはわからない」
|
+
|"How did both of you get into this relationship... Was it out of obligation, sympathy, or are you actually serious, I really don’t understand."
 
|}}
 
|}}
   
Line 609: Line 609:
 
|99||
 
|99||
 
|小春の代わりに、あるいは小春と同様に、<br>俺が周囲から孤立することを、何よりも恐れた。
 
|小春の代わりに、あるいは小春と同様に、<br>俺が周囲から孤立することを、何よりも恐れた。
|
+
|Koharu was afraid of me being isolated from everyone else in place of her—or perhaps in the same way as her—more than anything.
 
|}}
 
|}}
   
Line 615: Line 615:
 
|100||
 
|100||
 
|だから自分だけ、孤立するしかなかったんだ。
 
|だから自分だけ、孤立するしかなかったんだ。
|
+
|That’s why she could only isolate herself.
 
|}}
 
|}}
   
Line 621: Line 621:
 
|101|武也|Takeya
 
|101|武也|Takeya
 
|「けど、俺はお前のしたことを認めない。<br>もちろん、あのコのしたことだって認めない。<br>…認められるわけ、ないだろが」
 
|「けど、俺はお前のしたことを認めない。<br>もちろん、あのコのしたことだって認めない。<br>…認められるわけ、ないだろが」
|
+
|"But, I will never accept on how you do things. Of course, I won’t accept on how she does things too. ...There’s just no way I could."
 
|}}
 
|}}
   
Line 627: Line 627:
 
|102|春希|Haruki
 
|102|春希|Haruki
 
|「………っ」
 
|「………っ」
|
+
|"..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 633: Line 633:
 
|103||
 
|103||
 
|俺たちは、互いに助け合い、互いに深みにはまり、<br>一緒に抜け出そうとして手を繋いだせいで、<br>さらに深い底なし沼にはまり込んだ。
 
|俺たちは、互いに助け合い、互いに深みにはまり、<br>一緒に抜け出そうとして手を繋いだせいで、<br>さらに深い底なし沼にはまり込んだ。
|
+
|We tried to help each other out, but we fell deep into this mud hole. But because we held onto each other's hands as we tried to get out together, we fell yet even deeper inside.
 
|}}
 
|}}
   
Line 639: Line 639:
 
|104||
 
|104||
 
|そこは真っ暗で、何も見えなくて。<br>だから、互いがどうなっているかを知らないまま、<br>繋いだ手の温もりにすがるしかなかった。
 
|そこは真っ暗で、何も見えなくて。<br>だから、互いがどうなっているかを知らないまま、<br>繋いだ手の温もりにすがるしかなかった。
|
+
|It was pitch black in there, and we couldn't see anything. So as we did not know what was happening to each other, we just clung onto each other for warmth.
 
|}}
 
|}}
   
Line 651: Line 651:
 
|106|武也|Takeya
 
|106|武也|Takeya
 
|「嘘なんか言ってない。男だよ。<br>付属時代からのツレの家」
 
|「嘘なんか言ってない。男だよ。<br>付属時代からのツレの家」
|
+
|"I'm not lying. It's a guy. A friend from high school."
 
|}}
 
|}}
   
Line 657: Line 657:
 
|107|武也|Takeya
 
|107|武也|Takeya
 
|「だから、今日は無理だって。<br>…後で連絡するから」
 
|「だから、今日は無理だって。<br>…後で連絡するから」
|
+
|"Like I said, I can’t be with you today. ...I’ll call you later."
 
|}}
 
|}}
   
Line 663: Line 663:
 
|108|武也|Takeya
 
|108|武也|Takeya
 
|「時間?<br>悪い、それも約束できない。<br>大事な話の最中なんだ」
 
|「時間?<br>悪い、それも約束できない。<br>大事な話の最中なんだ」
|
+
|"When? Sorry, but I can't promise you anything. I’m in the middle of something important now."
 
|}}
 
|}}
   
Line 669: Line 669:
 
|109|武也|Takeya
 
|109|武也|Takeya
 
|「いい加減にしてくれ。<br>大事な話って言ってるだろ?<br>………ああそうだよ、今に限って言えばお前よりもだ」
 
|「いい加減にしてくれ。<br>大事な話って言ってるだろ?<br>………ああそうだよ、今に限って言えばお前よりもだ」
|
+
|"Give me a break. It’s a really important thing for me. ...Yeah you're right, more than you as of now."
 
|}}
 
|}}
   
Line 675: Line 675:
 
|110|武也|Takeya
 
|110|武也|Takeya
 
|「…そう思うんなら思えばいいだろ。<br>じゃあな、切るぞ。<br>掛け直すにしても明日以降にしてくれ」
 
|「…そう思うんなら思えばいいだろ。<br>じゃあな、切るぞ。<br>掛け直すにしても明日以降にしてくれ」
|
+
|"...It's fine if you want to think that way. Bye, I’m hanging up. If you want to call me back, do it tomorrow."
 
|}}
 
|}}
   
Line 681: Line 681:
 
|111|武也|Takeya
 
|111|武也|Takeya
 
|「悪い、水差した」
 
|「悪い、水差した」
|
+
|"Sorry, just small stuff."
 
|}}
 
|}}
   
Line 687: Line 687:
 
|112|春希|Haruki
 
|112|春希|Haruki
 
|「いや…」
 
|「いや…」
|
+
|"No problem..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 693: Line 693:
 
|113||
 
|113||
 
|武也がベランダで電話してる間も、<br>俺はずっとテーブルの上に目を落とし、<br>黙りこくったまま微動だにしなかった。
 
|武也がベランダで電話してる間も、<br>俺はずっとテーブルの上に目を落とし、<br>黙りこくったまま微動だにしなかった。
|
+
|Even when Takeya was talking on the phone at the balcony, all I did was looking at the table, and quivering while keeping quiet.
 
|}}
 
|}}
   
Line 699: Line 699:
 
|114||
 
|114||
 
|自分のしたことに…<br>いや、自分の、しなかったことに、<br>どう落とし前をつけるか、ひたすら考えてた。
 
|自分のしたことに…<br>いや、自分の、しなかったことに、<br>どう落とし前をつけるか、ひたすら考えてた。
|
+
|I kept on thinking how to atone my sins... Of the things I’ve done, no, it should be of the things I did not do.
 
|}}
 
|}}
   
Line 705: Line 705:
 
|115|春希|Haruki
 
|115|春希|Haruki
 
|「それで…」
 
|「それで…」
|
+
|"So..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 711: Line 711:
 
|116|武也|Takeya
 
|116|武也|Takeya
 
|「ん?」
 
|「ん?」
|
+
|"Hm?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 717: Line 717:
 
|117|春希|Haruki
 
|117|春希|Haruki
 
|「お前たちはどうするつもりなんだ?」
 
|「お前たちはどうするつもりなんだ?」
|
+
|"What are you going to do?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 723: Line 723:
 
|118|武也|Takeya
 
|118|武也|Takeya
 
|「どうする…って」
 
|「どうする…って」
|
+
|"What will we do..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 729: Line 729:
 
|119|春希|Haruki
 
|119|春希|Haruki
 
|「俺に対してなら好きにしてくれていい。<br>何されたって言い訳できないってわかってる。<br>…ただ、小春だけはそっとしておいて欲しい」
 
|「俺に対してなら好きにしてくれていい。<br>何されたって言い訳できないってわかってる。<br>…ただ、小春だけはそっとしておいて欲しい」
|
+
|"For me, anything is fine. I know I can't make any excuse for what I've done. ...I just hope you can leave Koharu out of this."
 
|}}
 
|}}
   
Line 735: Line 735:
 
|120|武也|Takeya
 
|120|武也|Takeya
 
|「…そのことなら依緒とも話したけどさ、<br>とりあえず俺たちは、何もしないことにした」
 
|「…そのことなら依緒とも話したけどさ、<br>とりあえず俺たちは、何もしないことにした」
|
+
|"...I've to talk about it with Io too. For now, we will do nothing."
 
|}}
 
|}}
   
Line 741: Line 741:
 
|121|春希|Haruki
 
|121|春希|Haruki
 
|「…いいのか?」
 
|「…いいのか?」
|
+
|"...Are you sure?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 747: Line 747:
 
|122|武也|Takeya
 
|122|武也|Takeya
 
|「このまま放っておけば、<br>近いうちにお前たちは自滅するってわかってるからな」
 
|「このまま放っておけば、<br>近いうちにお前たちは自滅するってわかってるからな」
|
+
|"'Cause we know that if we leave you two alone, the relationship will self-destruct soon."
 
|}}
 
|}}
   
Line 753: Line 753:
 
|123|春希|Haruki
 
|123|春希|Haruki
 
|「………」
 
|「………」
|"........."
+
|"..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 759: Line 759:
 
|124||
 
|124||
 
|その、武也の突き放したような言葉は、<br>どこにも反論の余地なんかなかった。
 
|その、武也の突き放したような言葉は、<br>どこにも反論の余地なんかなかった。
|
+
|There was no room for a rebuttal in response to Takeya's blunt statement.
 
|}}
 
|}}
   
Line 765: Line 765:
 
|125|武也|Takeya
 
|125|武也|Takeya
 
|「何回か話して、<br>ついでに孝宏からも色々聞いて、確信した。<br>あのコ、やっぱお前そっくりだわ」
 
|「何回か話して、<br>ついでに孝宏からも色々聞いて、確信した。<br>あのコ、やっぱお前そっくりだわ」
|
+
|"We've talked about this numerous times, but after all the things I've heard from Takahiro, I can now confidently say this. That girl, she's a spitting image of you."
 
|}}
 
|}}
   
Line 771: Line 771:
 
|126|春希|Haruki
 
|126|春希|Haruki
 
|「そうなの、かな…」
 
|「そうなの、かな…」
|
+
|"Is that so..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 777: Line 777:
 
|127|武也|Takeya
 
|127|武也|Takeya
 
|「余計なお節介焼きで、余計な正論吐きで、<br>押しつけがましくて、他人の都合を考えず、<br>けれど他人のことばかり考えてる」
 
|「余計なお節介焼きで、余計な正論吐きで、<br>押しつけがましくて、他人の都合を考えず、<br>けれど他人のことばかり考えてる」
|
+
|"Always looking out for others unnecessarily, being too logical, likes to force your ideas into others, doesn’t care about the situation of others, but yet still thinks for others."
 
|}}
 
|}}
   
Line 783: Line 783:
 
|128||
 
|128||
 
|それらは確かに俺にも当てはまるかもしれない。<br>…最後の一つを除いては。
 
|それらは確かに俺にも当てはまるかもしれない。<br>…最後の一つを除いては。
|
+
|I might fit into those categories. ...Except for the last one.
 
|}}
 
|}}
   
Line 789: Line 789:
 
|129|武也|Takeya
 
|129|武也|Takeya
 
|「だからお前たちには、<br>自分たち以外にも大切なものが…<br>しがらみって名前の、守るべきものがたくさんある」
 
|「だからお前たちには、<br>自分たち以外にも大切なものが…<br>しがらみって名前の、守るべきものがたくさんある」
|
+
|"That's probably why you two have a lot of important things you want to protect, even more important than your own selves."
 
|}}
 
|}}
   
Line 795: Line 795:
 
|130|春希|Haruki
 
|130|春希|Haruki
 
|「そんなものは誰にでもあるだろ」
 
|「そんなものは誰にでもあるだろ」
|
+
|"Everyone has them, right?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 801: Line 801:
 
|131|武也|Takeya
 
|131|武也|Takeya
 
|「けど、お前らはそれを絶対に捨てられない。<br>二人だけの世界なんかで生きていけない」
 
|「けど、お前らはそれを絶対に捨てられない。<br>二人だけの世界なんかで生きていけない」
|
+
|"But, you two absolutely won't throw them away. That’s why the two of you can't live in a world just by yourselves."
 
|}}
 
|}}
   
Line 807: Line 807:
 
|132|春希|Haruki
 
|132|春希|Haruki
 
|「………」
 
|「………」
|"........."
+
|"..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 813: Line 813:
 
|133||
 
|133||
 
|俺のことはともかく…
 
|俺のことはともかく…
|
+
|Me aside...
 
|}}
 
|}}
   
Line 819: Line 819:
 
|134||
 
|134||
 
|小春は、ほんの数日前までたくさんの人と繋がって、<br>それが当たり前のことで、正しいって信じてた。
 
|小春は、ほんの数日前までたくさんの人と繋がって、<br>それが当たり前のことで、正しいって信じてた。
|
+
|Just until a few days ago, she was connected to a lot of people. It's just so normal to think that's something natural.
 
|}}
 
|}}
   
Line 825: Line 825:
 
|135||
 
|135||
 
|そして、そんな自分の気持ちを、<br>いつまでも偽り続けることなんかできない。
 
|そして、そんな自分の気持ちを、<br>いつまでも偽り続けることなんかできない。
|
+
|But, she couldn’t lie forever to herself about these feelings.
 
|}}
 
|}}
   
Line 831: Line 831:
 
|136||
 
|136||
 
|だから、今まで自分のいた場所を簡単に捨てられない。
 
|だから、今まで自分のいた場所を簡単に捨てられない。
|
+
|That's why, she can never abandon the place where she belongs to.
 
|}}
 
|}}
   
Line 837: Line 837:
 
|137||
 
|137||
 
|あいつみたいに、外の世界を否定したりしない…
 
|あいつみたいに、外の世界を否定したりしない…
|
+
|Just like her, not able to deny the outside world...
 
|}}
 
|}}
   
Line 843: Line 843:
 
|138|武也|Takeya
 
|138|武也|Takeya
 
|「冬馬とは、違うよ」
 
|「冬馬とは、違うよ」
|
+
|"It's different with Touma."
 
|}}
 
|}}
   
Line 849: Line 849:
 
|139|春希|Haruki
 
|139|春希|Haruki
 
|「………なんで、そこで全然関係ない奴の名前が<br>出てくるんだ?」
 
|「………なんで、そこで全然関係ない奴の名前が<br>出てくるんだ?」
|
+
|"...Why did you bring up someone totally unrelated?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 855: Line 855:
 
|140|武也|Takeya
 
|140|武也|Takeya
 
|「本質的に、真っ白なコなんだよ…<br>だから、黒く染まることができない」
 
|「本質的に、真っ白なコなんだよ…<br>だから、黒く染まることができない」
|
+
|"She was an innocent girl from the start... That’s why she can’t be corrupted.
 
|}}
 
|}}
   
Line 861: Line 861:
 
|141|春希|Haruki
 
|141|春希|Haruki
 
|「質問に答えろよ」
 
|「質問に答えろよ」
|
+
|"Answer my question."
 
|}}
 
|}}
   
Line 867: Line 867:
 
|142|武也|Takeya
 
|142|武也|Takeya
 
|「いつかは…いや、すぐに拒絶反応を起こして、<br>きっと良心の呵責で潰れる」
 
|「いつかは…いや、すぐに拒絶反応を起こして、<br>きっと良心の呵責で潰れる」
|
+
|"Sooner or later...no, she’ll try to find a way to ignore the truth, and break down from all the guilt she’s been feeling."
 
|}}
 
|}}
   
Line 873: Line 873:
 
|143||
 
|143||
 
|武也は、俺と話をしながら、<br>俺と会話をしていなかった。
 
|武也は、俺と話をしながら、<br>俺と会話をしていなかった。
|
+
|He looked like he was talking to me, but he wasn’t.
 
|}}
 
|}}
   
Line 879: Line 879:
 
|144|武也|Takeya
 
|144|武也|Takeya
 
|「今のままじゃ、<br>いつまでもお前と一緒にはいられないよ。<br>多分、破滅の日はすぐ近くに来てる」
 
|「今のままじゃ、<br>いつまでもお前と一緒にはいられないよ。<br>多分、破滅の日はすぐ近くに来てる」
|
+
|"If things continue like this, she won’t be with you for long. The end will come sooner or later."
 
|}}
 
|}}
   
Line 885: Line 885:
 
|145||
 
|145||
 
|ただ、遠くない未来を見渡して、<br>そこでみっともなくもがいてる俺たちを<br>眺めてるみたいだった。
 
|ただ、遠くない未来を見渡して、<br>そこでみっともなくもがいてる俺たちを<br>眺めてるみたいだった。
|
+
|He’s probably looking at the near future, where both of us struggle with sorrow.
 
|}}
 
|}}
   
Line 891: Line 891:
 
|146||
 
|146||
 
|その瞳は、今まで通り少し怒ってた。
 
|その瞳は、今まで通り少し怒ってた。
|
+
|His eyes are filled with anger.
 
|}}
 
|}}
   
Line 897: Line 897:
 
|147||
 
|147||
 
|けど…
 
|けど…
|
+
|However...
 
|}}
 
|}}
   
Line 903: Line 903:
 
|148|武也|Takeya
 
|148|武也|Takeya
 
|「雪菜ちゃんを裏切ったお前は最低だ。<br>けど、あのコを助けないお前はもっと最低だ」
 
|「雪菜ちゃんを裏切ったお前は最低だ。<br>けど、あのコを助けないお前はもっと最低だ」
|
+
|"You’re already the worst for betraying Setsuna-chan. But, you’re even worse for not helping that girl."
 
|}}
 
|}}
   
Line 909: Line 909:
 
|149|春希|Haruki
 
|149|春希|Haruki
 
|「武也…?」
 
|「武也…?」
|
+
|"Takeya...?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 915: Line 915:
 
|150||
 
|150||
 
|武也が怒ってる“何か”の方は、<br>本当に今まで通りなのか、よくわからない。
 
|武也が怒ってる“何か”の方は、<br>本当に今まで通りなのか、よくわからない。
|
+
|I have no idea whether the reason he’s angry right now is the same as before.
 
|}}
 
|}}
   
Line 921: Line 921:
 
|151|武也|Takeya
 
|151|武也|Takeya
 
|「今の俺に話しかけるな。<br>今のお前にはマジでムカついてんだ」
 
|「今の俺に話しかけるな。<br>今のお前にはマジでムカついてんだ」
|
+
|"Don't talk to me right now. You're pissing me off."
 
|}}
 
|}}
   
Line 927: Line 927:
 
|152|春希|Haruki
 
|152|春希|Haruki
 
|「だから依緒と喧嘩したのか?<br>俺に、そんな余計なこと言おうとしたから」
 
|「だから依緒と喧嘩したのか?<br>俺に、そんな余計なこと言おうとしたから」
|
+
|"So that's the reason you fought with Io? Because you wanted to say these unnecessarily things to me?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 939: Line 939:
 
|154||
 
|154||
 
|武也は、俺たちのことを<br>『放っておく』って言った。
 
|武也は、俺たちのことを<br>『放っておく』って言った。
|
+
|Takeya declared that he will "leave us alone".
 
|}}
 
|}}
   
Line 945: Line 945:
 
|155||
 
|155||
 
|けれど今、こいつは俺の目の前にいて、<br>わざわざ『放っておく』って宣言しやがった。
 
|けれど今、こいつは俺の目の前にいて、<br>わざわざ『放っておく』って宣言しやがった。
|
+
|But now, he purposely came all the way here before my eyes to declare that he will "leave us alone".
 
|}}
 
|}}
   
Line 951: Line 951:
 
|156|春希|Haruki
 
|156|春希|Haruki
 
|「…お前さ、俺のこと、<br>二、三発殴っておいた方がいいんじゃないか?<br>でないと依緒にフォローできないぞ?」
 
|「…お前さ、俺のこと、<br>二、三発殴っておいた方がいいんじゃないか?<br>でないと依緒にフォローできないぞ?」
|
+
|"...You know what, you should just give me a couple of hard punches. How else are you going to face Io otherwise?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 957: Line 957:
 
|157|武也|Takeya
 
|157|武也|Takeya
 
|「あのなぁ…お前は今、俺にこき下ろされてんだぞ?<br>なんで俺の心配なんかするんだよ?」
 
|「あのなぁ…お前は今、俺にこき下ろされてんだぞ?<br>なんで俺の心配なんかするんだよ?」
|
+
|"You... Aren’t I lecturing you right now? Why are you worried about me?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 975: Line 975:
 
|160||
 
|160||
 
|明らかに、全然放ってない。<br>それどころか…
 
|明らかに、全然放ってない。<br>それどころか…
|
+
|It’s clear that he didn’t let this go at all. Moreover...
 
|}}
 
|}}
   
Line 981: Line 981:
 
|161|春希|Haruki
 
|161|春希|Haruki
 
|「…どうして、なんだろうな」
 
|「…どうして、なんだろうな」
|
+
|"...Why, is it so?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 987: Line 987:
 
|162|武也|Takeya
 
|162|武也|Takeya
 
|「何がだよ」
 
|「何がだよ」
|
+
|"What is it?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 993: Line 993:
 
|163|春希|Haruki
 
|163|春希|Haruki
 
|「どうして小春と俺で、<br>こんなにも違う風が吹くんだろうって…」
 
|「どうして小春と俺で、<br>こんなにも違う風が吹くんだろうって…」
|
+
|"Why did my situation with Koharu turned out so unfavorably?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 999: Line 999:
 
|164|武也|Takeya
 
|164|武也|Takeya
 
|「春希…」
 
|「春希…」
|
+
|"Haruki..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,005: Line 1,005:
 
|165||
 
|165||
 
|もしも俺があの時、矢田さんに優しくしていたら…
 
|もしも俺があの時、矢田さんに優しくしていたら…
|
+
|If I, back then, treated Yada-san gently...
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,011: Line 1,011:
 
|166||
 
|166||
 
|告白を受け入れないまでも、冷たく拒絶したりしないで、<br>ちゃんと相手と向き合って、誠実に断っていたなら…
 
|告白を受け入れないまでも、冷たく拒絶したりしないで、<br>ちゃんと相手と向き合って、誠実に断っていたなら…
|
+
|Even if I could not accept her confession, I could have just refrained from rejecting her coldly. If I had faced her properly, and rejected her with honesty, then...
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,017: Line 1,017:
 
|167|春希|Haruki
 
|167|春希|Haruki
 
|「小春は、何もかも失ったのに。<br>その原因作ったの、俺なのに」
 
|「小春は、何もかも失ったのに。<br>その原因作ったの、俺なのに」
|
+
|"Koharu lost just about everything. And I am the one who caused it."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,023: Line 1,023:
 
|168||
 
|168||
 
|『それは君の勘違いだ。<br>忘れなさい』
 
|『それは君の勘違いだ。<br>忘れなさい』
|
+
|『That's your misunderstanding. Just forget about it.』
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,029: Line 1,029:
 
|169||
 
|169||
 
|全ての始まりは、俺の、あのときの一言。
 
|全ての始まりは、俺の、あのときの一言。
|
+
|It all began because of my words back then.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,035: Line 1,035:
 
|170||
 
|170||
 
|明らかに間違った態度から放たれた、<br>あまりに明確な失態。
 
|明らかに間違った態度から放たれた、<br>あまりに明確な失態。
|
+
|It was indeed due to my misbehavior, and it was clearly my fault.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,041: Line 1,041:
 
|171||
 
|171||
 
|なのに…
 
|なのに…
|
+
|And yet...
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,047: Line 1,047:
 
|172|春希|Haruki
 
|172|春希|Haruki
 
|「なのにどうして…<br>俺の友達は、見捨てずにいてくれるんだろうなって」
 
|「なのにどうして…<br>俺の友達は、見捨てずにいてくれるんだろうなって」
|
+
|"And yet, why... won't my friends abandon me?"
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,053: Line 1,053:
 
|173|武也|Takeya
 
|173|武也|Takeya
 
|「…よくもまぁ、そんな気恥ずかしいこと<br>臆面もなく言えるな。<br>俺、今鳥肌立ったぞ?」
 
|「…よくもまぁ、そんな気恥ずかしいこと<br>臆面もなく言えるな。<br>俺、今鳥肌立ったぞ?」
|
+
|"...Really you, how can you say something so embarrassing? You just gave me goosebumps."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,059: Line 1,059:
 
|174|春希|Haruki
 
|174|春希|Haruki
 
|「ごめん」
 
|「ごめん」
|
+
|"Sorry."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,065: Line 1,065:
 
|175||
 
|175||
 
|あの誠実な小春が築き上げてきた友達関係が、<br>俺のそれと比べて、そんなに脆いなんて思えない。
 
|あの誠実な小春が築き上げてきた友達関係が、<br>俺のそれと比べて、そんなに脆いなんて思えない。
|
+
|I don’t think the friendship that Koharu has built with sincerity, is that weak compared to mine.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,071: Line 1,071:
 
|176||
 
|176||
 
|きっとそれは、多分、ほんのちょっとの流れの差。
 
|きっとそれは、多分、ほんのちょっとの流れの差。
|
+
|I’m pretty sure the turn of events was just a bit different.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,077: Line 1,077:
 
|177||
 
|177||
 
|俺だって陥ったかもしれない、<br>小春だって回避できたかもしれない、<br>些細で、そして決定的な友情のねじれ。
 
|俺だって陥ったかもしれない、<br>小春だって回避できたかもしれない、<br>些細で、そして決定的な友情のねじれ。
|
+
|Even I probably would have become depressed if I was in her shoes. Even if Koharu probably could have avoided it all, this trivial, yet twisted fate of her friendship.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,083: Line 1,083:
 
|178|武也|Takeya
 
|178|武也|Takeya
 
|「………腹、減ったな」
 
|「………腹、減ったな」
|
+
|"...I'm hungry."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,089: Line 1,089:
 
|179|春希|Haruki
 
|179|春希|Haruki
 
|「飯、食うか?<br>何か作るけど」
 
|「飯、食うか?<br>何か作るけど」
|
+
|"Shall we eat? I’ll go and make something."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,095: Line 1,095:
 
|180|武也|Takeya
 
|180|武也|Takeya
 
|「じゃ、満漢全席」
 
|「じゃ、満漢全席」
|
+
|"Then, I want a full course meal."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,101: Line 1,101:
 
|181|春希|Haruki
 
|181|春希|Haruki
 
|「買い置きのラーメンがあるから<br>中華スープだけなら…」
 
|「買い置きのラーメンがあるから<br>中華スープだけなら…」
|
+
|"I have some leftover ramen. I’ll just mix it with some Chinese soup..."
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,107: Line 1,107:
 
|182||
 
|182||
 
|だから俺は、感謝する。
 
|だから俺は、感謝する。
|
+
|That's why I'm very grateful.
 
|}}
 
|}}
   
Line 1,113: Line 1,113:
 
|183||
 
|183||
 
|この、俺に向かって吹く順風と、<br>愚かなまでに優しすぎる友情に。
 
|この、俺に向かって吹く順風と、<br>愚かなまでに優しすぎる友情に。
|
+
|To this idiotically kind friendship that blows in my direction.
 
|}}
 
|}}
   
 
{{WA2ScriptTableEnd}}
 
{{WA2ScriptTableEnd}}
  +
 
== Script Chart ==
 
== Script Chart ==
   

Latest revision as of 18:01, 23 September 2018

Return to the main page here.


Translation

Editing

Translation Notes

Text

Script Chart

Edit this section For more instructions on how the script chart works, please click here.

If you are below the age of consent in your respective country, you are advised to not read any adult content (marked by cells with red backgrounds) where applicable. Otherwise, you are agreeing to the terms of our Disclaimer.